ブログ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

大阪補聴器センター吹田店 店主 玉腰のブログです。

補聴器や聞こえの最新情報などを提供しています。

気になるキーワードがありましたら、「サイト内での検索」で検索していただけると関連記事が出てきます。

ご意見・ご感想は遠慮なく伝えていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ブログ一覧

ワイヤレスイヤフォンは耳あな型補聴器になるのでしょうか?

最近、ワイヤレスイヤフォンに補聴器の機能を入れた製品が増えてきました。今月発売のシャープの補聴器もそうです。

また、シグニア補聴器はイヤフォン型補聴器を発売しています。

イヤフォン型補聴器はこんなイメージの補聴器です。

確かに見た目は、ワイヤレスイヤフォンです。

しかもスマホのアプリを操作することで、自分で補聴器の調整も可能です。

では、耳あな型補聴器はこれからワイヤレスイヤフォンに取って代わられるのでしょうか?

店主の個人的な意見では、一部はワイヤレスイヤフォンに取って代わられると思いますが、従来の耳あな型補聴器も当面は継続すると思います。

まず、ワイヤレスイヤフォンを補聴器として使うのに向いているのは以下の方だと思います。

1.とにかくコストを抑えて自分で調整して使いたい方

  比較的若い世代の方です。スマホやデジタル機器を使いこなす世代でセルフで調整したい方にはいいと思います。

2.とにかく補聴器は使いたくない方

  補聴器は使いたくないが、ワイヤレスイヤフォンならいいとお考えの方にはいいと思います。外見からは補聴器には見えませんので。

3.必要な時だけ使いたい方

  例えば、会議の時だけやテレビの時だけとか使用する場面が限定されている方にはいいと思います。

以上の例以外の場合、例えば、

1.専門家にしっかり調整してもらい安心して簡単に使いたい。

2.終日使用しても大丈夫な補聴器を使いたい。

3.やはり、耳あな型補聴器はオーダーメイドがいい。

などの方は従来の耳あな型補聴器になります。

また、耳あな型補聴器で充電式も早ければ年内遅くとも来年には本格的に発売の見込みなので、充電式で耳あな型補聴器を使いたい方は今しばらくお待ちください。

カラフルな補聴器が人気です。

従来ですと、補聴器は地味なベージュが殆どでした。

しかし、現在はオシャレでカッコいい補聴器が各種あります。

形状やデザインもオシャレになっていますが、今回注目するのは「補聴器の色」です。

リサウンド補聴器のケースで説明します。

まずは、耳かけ型補聴器です。

最新型のリサウンド・ワンシリーズは9色のカラーが選べます。

どれもオシャレなカラーです。

また、リサウンド・リンクス クアトロシリーズは14色のカラーが選べます。

こちらは定番のベージュもあります。

最近の傾向では、耳かけ型補聴器の本体部分に独自のデコレーションすることが流行っているそうです。

隠す補聴器から魅せる補聴器に時代は変わりつつありますね。

次に耳穴型補聴器です。

装用時に外から見えるフェイスプレートは地味ですが、耳穴に収まるシェルは12色のカラーが選べます。

ゴージャスな黄金・白銀や、可愛い桃色などがあります。

カラフルな補聴器でしたら、着けるのが楽しくなりそうですね。

イヤフォン型補聴器 Signia Active(アクティブ)はワイヤレスイヤフォン?

2021年7月にシグニア補聴器が発売するイヤフォン型補聴器「Active」「Active Pro」は見た目がワイヤレスイヤフォンみたいな補聴器です。

確かに見た目はワイヤレスイヤフォンそのものです。

ですが、これは補聴器です!

しかも充電式補聴器です!

勿論、Bluetooth接続でスマホの音声や音楽も直接耳に届けてくれます。

補聴器としてはシグニア補聴器の最新モデル「シグニア エクスペリエンス」の性能を誇ります。

補聴器初心者向けの「Signia Active」とハイエンドの「Signia Active Pro」の2クラスがあります。

価格はオープン価格ですが、大まかな目安としてはActive はベーシッククラスでActive Proはアドバンスクラスの価格となります。

イメージ動画です。

イヤフォン型補聴器の時代がすぐそこのようですね。

補聴器はAI(人工知能)が調整する時代に!

シグニア補聴器のシグニアアプリに新たな機能が追加されました。

Signia Assistant(シグニアアシスタント)」です。

一言で言えば、インタラクティブ(双方向)なやり取りで、簡単・手軽に補聴器の音を調整できる機能です。

イメージとしては、こんな感じに使います。

シグニアアシスタントは、補聴器ユーザーの好みを学習して一人一人にぴったりの調整にしてくれます。

これは、人間の脳にある脳神経、ニューロンの仕組みを基に開発された人工知能(AI)がよりクリアなサウンドと、より会話を理解するために、個人の好みに合わせた設定に変更することに由ります。

しかも、24時間365日、必要な時にいつでもサポートしてくれます!

つまり、ユーザーが自身で補聴器をコントロールし、聞こえを最適化できる時代になったのです。

Motion Charge&Go SP Xなら重度難聴でも充電式補聴器が使えます

シグニア補聴器が2021年6月に発売した「Motion X」シリーズですが、従来は電池式しかなかった重度難聴用耳かけ型補聴器に、遂に充電式補聴器が登場しました。

「電池の交換が面倒」「電源の入り切りが面倒」と思っていた重度難聴補聴器ユーザーには朗報ですね。

また、充電器には除菌・乾燥機能が搭載され、4時間のフル充電で61時間も使用できるのも魅力的です。

価格は1台194,000円からと電池代のことを考慮すればかなりお手頃な価格になっています。