ブログ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

大阪補聴器センター吹田店 店主 玉腰のブログです。

補聴器や聞こえの最新情報や役に立つコラムなどを提供しています。

気になるキーワードがありましたら、「サイト内での検索」で検索していただけると関連記事が出てきます。

ご意見・ご感想は遠慮なく伝えていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ブログ一覧

認知症の方の補聴器は充電式を推奨します

補聴器を装用する方で認知症の方がいますが、そのような場合にはどのような補聴器が適合するのでしょうか。

それぞれの事情があるかとは思いますが、一般的には充電式の補聴器を推奨します。

では、なぜ充電式が推奨されるのでしょうか。

以下の理由があるからです。

まず、充電式の補聴器をイメージしてください。

使わないときに補聴器をセットして充電します。寝ている間に充電すれば、終日補聴器が電源が切れずに使用できます。

ですので、使用途中で電源が切れるリスクがありません。

また、補聴器を充電器にセットすれば、自動で電源が切れますし、充電器から取り出せば、自動で電源が入ります。

ですので、使用するのがとても簡単です。

面倒な電源の入り切りや空気電池の交換は必要ありません。

細かく言えば、空気電池を購入する手間や電池の管理の必要もありません。

また、誤って空気電池を誤飲するリスクもありません。

以上の理由から認知症の方には充電式補聴器を推奨しています。

特に介護施設にお住いの方でしたら、仮に本人様での補聴器の脱着が難しいケースでも、施設の職員の方の協力があれば補聴器を使用いただけます。

本当に使用できるかどうかは、実際に充電式補聴器で使用体験してみてください。

フォナック ナイーダ パラダイスの価格

フォナック補聴器が2021年4月14日に発売する「フォナック ナイーダ パラダイス」の価格は次の通りです。

器種は充電式のP-PRとウルトラパワータイプのP-UPの2器種となります。

どちらもパワフル Wレシーバを搭載したことで、ハウリングのリスクを増加させることなく高出力を可能にしています。

勿論、パラダイスシリーズの基本性能は共通しています。

なお、フォナック ナイーダ パラダイスには以下の世界初機能も搭載されています。

高度・重度難聴の方や充電式の耳かけ型補聴器を使いたい方にはおすすめです。

フォナック ナイーダ パラダイス サイト

難聴になると認知症になるのですか?

最近よくいただく質問に、「難聴になると認知症になるのですか?」があります。

結論から言えば、「難聴になることで認知症になるのではなく、認知症発症のリスクが高くなる。」と言えます。

では、難聴はなぜ認知症に大きな関りがあるのでしょうか。

まず、難聴はただ聞こえにくいだけではありません。

難聴により、人は会話を億劫に感じ、徐々に外出が減り、ひきこもりがちになってきます。

すると、脳への刺激が減り、徐々に認知機能が低下してきます。

また、難聴の程度によって認知症の発症リスクが高くなります。

一般的に、軽度難聴の人は、健聴の人に比べて認知症の発症リスクが2倍、高度難聴になると5倍と言われています。

上記のことから、難聴は認知症の最大の危険因子と言われています。

ですので、認知症予防の最大のカギは「きこえ」にあるのです。

補聴器は、耳の脳の関係を良好にし、生活の質の向上を提供する医療機器です。気になる方はお早目の相談をお勧めします。

お問い合わせ

リサウンド・キーの価格! とにかくコスパの高い補聴器です

2021年2月15日にGNヒアリングジャパン株式会社から発売される「リサウンド・キー」は、

一言で言えば「とにかくコスパが高い」補聴器です。

まずはその価格です。

なんと、一番お手頃な「リサウンド・キー2」は片耳80,000円です!

また、人気の充電タイプが片耳142,600円(リサウンド・キー4)も破格です!

充電器込みでこの価格です!

しかも安かろう悪かろうではなくて、性能もハイスペックです。

特筆すべきは、スマホアプリでの調整と遠隔サポートが使えることです!しかも、2クラス以外はスマホ通話やストリーミングも出来ます。

使用しているチップはリサウンド・クアトロチップなので、高音質で言葉の聞き取りもしやすいです。

とにかく価格を抑えたい方はリサウンド・キー2クラス。

スマホでの音声ストリーミングや耳あな型補聴器希望の方は、リサウンド・キー3クラス。

充電タイプや衝撃音を気にする方は、リサウンド・キー4クラス。

が、推奨されます。

カタログはこちら

リサウンド・キー カタログ

簡単に自分で合わせられる補聴器はありますでしょうか?

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で外出が難しい方が増えています。

特に高齢者施設にお住いの方ですと、外出自体が禁止されていることもあり、補聴器を検討しようにも店舗に行くこと自体が出来ない日々が続いています。

また、補聴器業者が訪問しても、家族ですら面会禁止であったり、ガラス越しに短時間の面会しか認めてもらえない施設もあります。

そこで、「本人様や施設の職員の方が補聴器を自分で合わせられないか?」とのお問い合わせが増えています。

勿論、補聴器は管理医療機器なので、対面で合わせるのが原則です。

リモートでの調整は各メーカーでも対応できるようにはなってきましたが、最初のフィッティングはやはり対面で行うのが原則です。

ですが、緊急事態宣言が発出された今では、なんとかお客様のニーズに応えるしかありません。

そこで、今回紹介したいのがシグニア補聴器の簡易デジタル補聴器「Fun(ファン)」です。

耳かけ型補聴器なので、どちらの耳でも使用できます。また、4つのプリセットプログラムのいずれかを選択しボリュームを合わせればそれでフィッティング終了です。

価格は1台98,000円で通販対応可能です。購入をご希望の方はお問い合わせください。

お問い合わせ