音声増幅 Android デバイスでライブリスニングの使い方  

Google では、聴覚障害のある方々を支援する機能を Android に搭載しています。

今回店主が注目しているのは、Android デバイスでライブリスニングが使えるGoogle Play のアプリ「音声増幅」です。

まず、音声増幅とは、Android デバイスのヘッドフォンからの音声を増幅させ、ノイズを除去して聞き取りやすくするサービスのことです。

Android デバイスでライブリスニング音声増幅を使用すると、周囲の状況に合わせて音声が増幅され、ノイズが除去されます。

使い方は簡単です。Android スマートフォンとヘッドフォンのみが必要で、音声増幅をオンにするには次の手順に従います。

  1. デバイスの設定アプリを開きます。
  2. [ユーザー補助]、[音声増幅]、[音声増幅を開く] をタップします。
  3. 有線ヘッドフォンまたはワイヤレスヘッドフォンをデバイスに接続します。

ですので、Bluetooth のワイヤレスイヤホンを接続し、スマホをテレビや講演者などの音源に近づけることで、音声をより明瞭に聞くことができます。

音声増幅の設定を変更する方法

周囲の状況に合わせてノイズ リダクションとブーストのレベルを変更できます。

  1. デバイスで音声増幅を開きます。
  2. [スマートフォンのマイク] をタップします。
  3. 設定を次のように調整します。
    • 不要な音を軽減する: 周囲の雑音を低減するには、[ノイズ リダクション] スライダーをドラッグします。この設定はスマートフォンのマイクにのみ適用され、スマートフォンのメディアには適用されません。
    • 小さい音を大きくする: 低い話し声などの小さい音を大きくするには、[小さい音の増幅] スライダーを右にドラッグします。
    • 低周波数や高周波数の音を大きくする: 鳥の鳴き声などの高周波数の音を大きくするには、スライダーを右にドラッグします。太い音声などの低周波数の音を大きくするには、スライダーを左にドラッグします。
    • 左右の耳を個別に調整する: 左右の耳に音と周波数の設定を個別に適用するには、[左右の耳を個別に調整] をタップします。Bluetooth ヘッドフォンの場合、この設定はスマートフォンのメディアにのみ適用され、スマートフォンのマイクには適用されません。

補聴器では、ワイヤレス機能が付いた補聴器で使えた機能がスマホとワイヤレスイヤホンで体験できますので、とても便利な機能だと思います。

音声増幅により、音声が明瞭になり、聞き取りやすくなることを体験したうえで、補聴器の装用を検討してみるのもいいかとは思います。

但し、音声増幅ですと、細かく聴力に合わせた増幅ではありませんので長時間の使用はおすすめできません。

ちなみにAndroidスマホと相性のいい補聴器はフォナック補聴器です。

Androidスマホと補聴器がBluetoothで直接つながるのでハンズフリーで通話が出来ます。

また、マイフォナックアプリを利用すればスマホが補聴器のリモコンとして使えますのでとても便利です。

大阪補聴器センター吹田店ではフォナック補聴器の試聴も出来ますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

リサウンド補聴器でスマホのハンズフリー通話をする方法

補聴器をワイヤレスイヤホンとして利用すれば、スマホを手にしなくても簡単に電話に出たり話したり出来ます。

また、補聴器を両耳で装用している場合ですと両耳で電話の音声が聞こえますから、会話が聞こえやすい上に騒がしい場所でも電話の声が聞き取りやすくなります。

では、どのようにして電話に出るのでしょうか?

補聴器のボタンを押すだけで電話に出られます。

リサウンド補聴器の場合ですと、以下の動画が分かりやすいですね。

また、iPhoneやiPadのFaceTimeを使って、顔をみながら通話すれば、両耳に直接ストリーミングされる音声と視覚的な情報を組み合わせることで、広範囲な難聴の度合いに対応し、会話理解度が70%以上向上すると言われています。

勿論、大前提としてハンズフリー通話機能のある補聴器は必要です。

各メーカーでスマホがiPhoneですとハンズフリー通話が用意されていますが、Androidスマホの場合はフォナック補聴器をおすすめします。

Android(アンドロイド)スマホと補聴器を直接繋ぐ方法

最近の補聴器はスマホとの直接接続が出来て、直接通話音声を聞けたりストリーミング出来たりして便利ではありますが、その殆どはiPhone限定である場合が多いです。

ですので、Androidスマホユーザーの場合は、中継器を利用して補聴器と繋げたり、スマホをiPhoneに買い替えるなどして補聴器との連携をしています。

ですが、お気に入りのAndroidスマホをそのまま使用して補聴器との連携をしたい方はどうすればいいのでしょうか。

そこで、今回紹介したいのはフォナック補聴器です。

フォナック補聴器でしたら、iOS、AndroidTM、フィーチャーフォンを含むBluetooth®対応のあらゆる携帯電話とペアリングしてハンズフリー通話が可能です!

ハンズフリー通話なら、通話音声は補聴器にダイレクトに入ってくる上に、自分の声は補聴器のマイクを通じて相手に届けることができます。

しかも、最新シリーズの補聴器でしたら、2台同時待ち受け(マルチポイントペアリングが可能になりました!

例えば、パソコンと携帯電話の同時待ち受け状態で、パソコンで動画を見ているときに携帯電話にかかってきた場合、補聴器に着信音が届くため即座に切り替えて電話に出ることができます。

その他に、会社の携帯電話とプライベートの携帯電話の2台をお持ちの方などは、同時待ち受けが出来て便利ですね。

ペアリングも通常のBluetooth機器と同じ操作で簡単に出来ます。

使用イメージ