スマート集音器は補聴器を駆逐するのか?

スマートフォンとの連動で自動イコライジングが可能なスマート集音器「Olive Smart Ear(オリーブスマートイヤー)」が来月発売されます。

一体どのような集音器なのでしょうか?

製品を紹介する動画がありました。

便利そうですね。

しかも価格は1台29,800円(税込み)です。

では、従来の補聴器は将来的にスマート集音器に駆逐されるのでしょうか?

個人的には、補聴器と集音器は棲み分けされると考えます。

現時点での簡単な補聴器とこのスマート集音器の比較を行ってみますと、

1.価格

補聴器は耳あな型ですと、オーダーメイドで1台10万円からとなります。この集音器の場合、既製品で29,800円なので価格面では補聴器は割高となります。但し、既製品の耳穴型は落下して故障・紛失のリスクが高いのと耳穴にフィットしていなくて長時間の使用には不向きな面があります。

2.充電

充電タイプの補聴器は1台17万円からと高額になります。ですが、3時間充電で終日使用可能です。この集音器の場合は、フル充電でも稼働時間は7時間なので必要な時のみ使用する方にはいいでしょう。

3.スマホでの通話

ハンズフリーでスマホでの通話が出来る補聴器はフォナック補聴器のマーベルシリーズのみなので、普通の補聴器ではハンズフリー通話は出来ません。この価格の集音器でハンズフリー通話が出来るのは凄いと思います。

4.フィッティング

集音器の場合は全てユーザーが自分で調整を行います。補聴器の場合、専門家が聴力の測定から補聴器のフィッティングまで全て行います。

それぞれメリットデメリットがありますので、使用する方の価値観やライフスタイルによって棲み分けがされていくことと思います。