Androidスマホでハンズフリー通話できる補聴器は?

最近ではスマホでの通話がハンズフリーでできる補聴器が増えてきました。

しかし、iPhoneでしたら問題なく接続できるのですが、Androidスマホの場合ですと接続できる機種とそうでない機種があります。

実機で試してみて接続できればいいのですが、そうでない場合はスマホを買い替えるかハンズフリー通話をあきらめるかの選択となります。

Androidスマホユーザーで確実にハンズフリー通話をしたい方の場合は、どのメーカーの補聴器がお勧めでしょうか?

勿論ハンズフリー通話以外の本来の補聴器の聴こえも考慮すべきですが、単純に回答すれば、「フォナック(PHONAK)」をお勧めします。

フォナックのパラダイス・マーベルシリーズの補聴器でしたら、Bluetooth対応のほぼ全ての携帯電話とつながります!

また、スマホからストリーミングして音楽を楽しむことも出来ます。

電話をかけるときは、スマホで電話をかければ自動で音声がスマホに届きます。

電話を受けるときは、補聴器の多機能ボタンを押せば電話に出て通話できます。

電話を切るときは、補聴器の多機能ボタンの長押しかスマホで通話を終了すればOKです。

とても簡単ですね。

補聴器とスマホのペアリングにつきましては、メーカーのマニュアルを参照下さい。

Androidスマホとのペアリング(フォナック補聴器)

シグニア補聴器でハンズフリー通話が出来るようになりました!

iPhoneをご使用のシグニア補聴器ユーザー様に朗報です。

なんと、シグニア エーエックス(Signia AX)シリーズからiPhoneハンズフリー通話の機能が使えるようになりました!

従来ですと、通話の際にはiPhoneのマイクを使用していたので、iPhoneを口元に持って通話する必要がありましたが、これからは補聴器のマイクで自分の声をそのまま拾うのでiPhoneを持たずにハンズフリーで通話が出来ます!

個人的にはとても便利な機能だと思います。

iPhone以外のスマホユーザー様はどうでしょうか?

お持ちのスマホによって使えるケースもあるとはおもいますので、実物で試してみてのハンズフリー通話となります。

シグニア エーエックス(Signia AX)シリーズの詳細につきましては、以下のサイトをご参照下さい。

シグニア エーエックス

リサウンド・ワンシリーズに充電式耳かけ型(BTE)が発売となります

GNヒアリングジャパン株式会社の人気補聴器「リサウンド・ワン」に充電式耳かけ型(BTE)が2022年4月15日から発売となります。

リサウンド・ワン BTE 充電式はこのような3器種です。

標準サイズの77-DWC

パワー重視の88-DWC

ハイパワーの88-DWHC

の3器種があります。

クラスは9・7・5・4の4クラスがあります。

おすすめのユーザー様としては、

・簡単な補聴器を希望

・壊れにくい補聴器を希望

・難聴の程度が高度・重度

などが挙げられます。

価格につきましては、オープン価格になりますので、各販売店にお問い合わせください。

では、簡単に充電できること以外に何が新しいのでしょうか?

それは、ハンズフリー通話です!

今までは、相手の声は補聴器から聞こえていましたが、自分の声はiPhoneのマイクを使用していました。ですので、口元にiPhoneを持ってくる必要がありました。

しかし、今回からは補聴器のマイクで自分の声を拾って会話できるので、手元にiPhoneが無くても通話できます!

充電式耳かけ型補聴器としては、とても便利なリサウンド・ワンは人気補聴器になりそうですね。

リサウンド・ワン BTE 充電式のメーカーサイトはこちらです。 → リサウンド・ワン BTE 充電式

車を運転する方にはフォナック オーデオ マーベルがお勧めです

2019年12月1日に改正道路交通法が施行されます。

運転中のスマートフォンや携帯電話の使用をはじめとした違反行為に対して、従来より厳しい罰則が適応されるのですが、今回改正される道路交通法では、携帯電話使用等に対して、罰則の強化および違反点数の引き上げがおこなわれます。

携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])の罰則では、改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金だったものが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。

 改正後は反則金の適用はなくなり、刑事罰の適用がなされるほか、違反点数が2点から6点に引き上げられるため、免許の停止処分の対象となります。

スマホや携帯電話などでの通話や、スマホやカーナビゲーションなどの画面を注視する行為をおこなった場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[保持])では、罰則が改正前の5万円以下の罰金から、改正後は6か月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

 反則金は、改正前の【大型:7000円】【普通:6000円】【2輪:6000円】【原付:5000円】から、改正後は【大型:2万5000円】【普通:1万8000円】【2輪:1万5000円】【原付:1万2000円】と大きく引き上げられ、違反点数も1点から3点に変更となっています。

運転中のスマートフォンや携帯電話の使用は重大な交通事故につながり得る危険な行為であるのですが、ついつい電話がかかってくると出てしまうのが人情です。

最近では、スマートフォンと繋がる補聴器も増えてはきましたが、相手の声は補聴器で直接聞こえますが、自分の声はスマートフォンのマイクを使用して拾うシステムなので、結局はスマホを手に持って通話するので運転中は危険です。

しかし、フォナックのオーデオ マーベルでしたら、ハンズフリー通話が出来ます!

しかも、iPhoneやアンドロイドスマホなどあらゆるBluetooth対応の携帯電話に繋がります!

イメージ動画です。

確かにスマホを持たずに通話できるのはとても便利ですね。

電池式は3タイプあります。

便利な充電式もあります。

以上のことから、特にお仕事で車での移動が多い方には、フォナック オーデオ マーベルをお勧めします。