フォナック補聴器はAndroidスマホでハンズフリー通話が出来ます!

最近ではスマホでの通話がハンズフリーでできる補聴器が増えてきました。

しかし、iPhoneでしたら問題なく接続できるのですが、Androidスマホの場合ですと接続できる機種とそうでない機種があります。

実機で試してみて接続できればいいのですが、そうでない場合はスマホを買い替えるかハンズフリー通話をあきらめるかの選択となります。

Androidスマホユーザーで確実にハンズフリー通話をしたい方の場合は、どのメーカーの補聴器がお勧めでしょうか?

勿論ハンズフリー通話以外の本来の補聴器の聴こえも考慮すべきですが、単純に回答すれば、「フォナック(PHONAK)」をお勧めします。

フォナックのルミティ・パラダイス・マーベルシリーズの補聴器でしたら、スマートフォン、パソコン 、タブレット端末はもちろん、Bluetoothが搭載されたさまざまな機器とワイヤレスでつなぐことが可能です。

加えて、iOS と Androidの両方に対応しているのであらゆる携帯電話ともつなげることができ、ハンズフリーで会話ができるほか、補聴器を通した音楽鑑賞や動画視聴もスムーズに行えます。

ハンズフリー通話

電話をかけるときは、スマホで電話をかければ自動で音声がスマホに届きます。

電話を受けるときは、補聴器の多機能ボタンを押せば電話に出て通話できます。

電話を切るときは、補聴器の多機能ボタンの長押しかスマホで通話を終了すればOKです。

とても簡単ですね。

さらに、ルミティシリーズなら、ハンズフリー通話を行う際に、通話相手にとって声が聞きやすくなるというメリットもあります。

パラダイスシリーズの場合、通話周波数帯が~4.5kHzまででしたが、ルミティシリーズの場合は~6.5kHzまで拡大するため、通話相手にとって声が聞きやすくなります。

補聴器とスマホのペアリングにつきましては、きこえのブログ記事を参照下さい。

補聴器とスマホのBluetooth接続

大阪補聴器センターでは実際にデモ器で試すことも出来ますので、お問い合わせください。

お問い合わせ

フォナック補聴器でハンズフリー通話をする方法 ブルートゥースの活用 

街を歩いていると、時々ワイヤレスイヤホンで通話をしながら歩いている光景を見かけます。

スマホを耳に当てなくても、通話できるのは確かに便利です。

では、補聴器でワイヤレスイヤホンみたいに携帯電話のハンズフリー通話は出来るのでしょうか?

通常は出来ません!

ですが、使用する補聴器によっては可能となります。

では、どの補聴器でしたら、ハンズフリー通話が出来るのでしょうか?

iPhone以外のスマホでもハンズフリー通話が出来るのでしょうか?

それは、

フォナック補聴器のルミティ・パラダイス・マーベルシリーズの補聴器です!

ルミティ・パラダイス・マーベルシリーズは、Bluetooth(ブルートゥース)内臓の携帯電話と接続して、ハンズフリー通話が出来ます。

iPhone、Androidスマホ、フィーチャー・フォンに対応しています。

イメージとしては、こんな感じです。

スマホとペアリングすれば、通話相手の声が補聴器を介して直接聞こえます。また、自分の声は補聴器のマイクが拾って通話相手に届けてくれます。

電話をかける場合は、スマホで番号を入力して電話をかけます。するとダイヤル音が補聴器を通して聞こえます。自分の声は補聴器のマイクが拾って通話相手に聞こえます。

電話を受ける場合は、電話がかかってきたら、補聴器から着信音が聞こえます。補聴器にある多機能ボタンの上部を短く押せば電話に出ることが出来ます。

電話を切る場合は、補聴器にある多機能ボタンの上部を長押しすれば、通話が終了出来ます。

いちいちスマホを取り出して通話することに比べれば、かなり便利ですね。

また、パラダイス バート P-312でしたら、耳あな型補聴器でも上記機能が使えます!

さらに、ルミティシリーズなら、Bluetooth接続機器を 8 台登録することが可能ですし、さらにその内 2 台は同時待ち受け可能(マルチポイントペアリング)なので、毎回使いたいデバイスを切り替えることなく、常に 2 台を使用できる状態に保てます。スマホ2台持ちの方には便利な機能です。

加えて、ルミティシリーズなら、ハンズフリー通話を行う際に、通話相手にとって声が聞きやすくなるというメリットもあります。

パラダイスシリーズの場合、通話周波数帯が~4.5kHzまででしたが、ルミティシリーズの場合は~6.5kHzまで拡大するため、通話相手にとって声が聞きやすくなります。

フォナック補聴器でのハンズフリー通話をご希望の方は大阪補聴器センター吹田店にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォナック ナイーダ ルミティの価格と特長 

フォナック補聴器の「フォナック ナイーダ ルミティ」の価格は以下の通りです。

充電式のフォナック ナイーダ L-PRと電池式のフォナック ナイーダ L-SPとL-UPの3種となります。

特徴は以下の通りです。

ルミティシリーズでは、大きく2つの機能が追加されました。

1.スピーチセンサー

簡単に言えば、側方や後方からの会話をより聞き取りやすくする機能です。
スピーチセンサーによって話している人の声がどの方向からきているか検出してマイクの指向性を自動で調整してくれます。

2.ステレオズーム 2.0

簡単に言えば、目の前の相手との会話により集中できる機能です。
ステレオズーム2.0によって騒音化での対面での会話がよりスムーズになります。

どちらの新機能も周囲の音環境を補聴器が分析して、音声認識機能を自動的に調整してくれるのが特長です。

ルミティシリーズの補聴器には、ことばの理解度を高めるための技術「フォナック スマートスピーチ テクノロジー」が搭載されています。

フォナック スマートスピーチ テクノロジーは、さまざまな状況下のことばをより聞き取りやすくすると同時に、聞き取り疲れの軽減も追究した、フォナック独自のテクノロジーです。

静かな場所からレストランなどの背景雑音が気になる騒がしい環境まで、その時のシーンに合わせてことばをより聞き取りやすくすることで会話が楽しめるように設計されています。

ですので、ルミティシリーズは「騒がしい環境でのことばの理解」に対応しているので、一対一のみならず騒音下における会話の聞き取りに苦労している方にぜひおすすめしたい補聴器です。

また、Bluetooth機器とスムーズに接続できる点も注目です。

スマートフォン、パソコン 、タブレット端末はもちろん、Bluetoothが搭載されたさまざまな機器とワイヤレスでつなぐことが可能です。加えて、iOS と Androidの両方に対応しているのであらゆる携帯電話ともつなげることができ、ハンズフリーで会話ができるほか、補聴器を通した音楽鑑賞や動画視聴もスムーズに行えます。

圧倒的に便利な複数台の Bluetoothペアリングもルミティシリーズの特長です。

Bluetooth接続機器を 8 台登録することが可能ですし、さらにその内 2 台は同時待ち受け可能(マルチポイントペアリング)なので、毎回使いたいデバイスを切り替えることなく、常に 2 台を使用できる状態に保てます。

さらに、ルミティシリーズなら、ハンズフリー通話を行う際に、通話相手にとって声が聞きやすくなるというメリットもあります。

パラダイスシリーズの場合、通話周波数帯が~4.5kHzまででしたが、ルミティシリーズの場合は~6.5kHzまで拡大するため、通話相手にとって声が聞きやすくなります。

相手が聞きやすくなることで気持ちよく会話が続けられることは、ルミティならではの特長と言えます。

パワータイプで、様々な状況での会話で言葉の聞き取りがもっとスムーズで楽になりたい方にフォナック ナイーダ ルミティをおすすめします。

フォナック補聴器の試聴をご希望の方は、大阪補聴器センター吹田店にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォナック オーデオ ルミティの価格と特長  

フォナック補聴器の「フォナック オーデオ ルミティ」ですが、このような形の補聴器です。

充電器は磁気で補聴器を保持する設計になりましたので、従来より使いやすくなっています。

では、従来のパラダイスシリーズから何が新しいのでしょうか。

テクノロジー解説動画はこちらです。

大きく2つの機能が追加されました。

1.スピーチセンサー

簡単に言えば、側方や後方からの会話をより聞き取りやすくする機能です。
スピーチセンサーによって話している人の声がどの方向からきているか検出してマイクの指向性を自動で調整してくれます。

2.ステレオズーム 2.0

簡単に言えば、目の前の相手との会話により集中できる機能です。
ステレオズーム2.0によって騒音化での対面での会話がよりスムーズになります。

どちらの新機能も周囲の音環境を補聴器が分析して、音声認識機能を自動的に調整してくれるのが特長です。

ルミティシリーズの補聴器には、ことばの理解度を高めるための技術「フォナック スマートスピーチ テクノロジー」が搭載されています。

フォナック スマートスピーチ テクノロジーは、さまざまな状況下のことばをより聞き取りやすくすると同時に、聞き取り疲れの軽減も追究した、フォナック独自のテクノロジーです。

静かな場所からレストランなどの背景雑音が気になる騒がしい環境まで、その時のシーンに合わせてことばをより聞き取りやすくすることで会話が楽しめるように設計されています。

ですので、ルミティシリーズは「騒がしい環境でのことばの理解」に対応しているので、一対一のみならず騒音下における会話の聞き取りに苦労している方にぜひおすすめしたい補聴器です。

また、Bluetooth機器とスムーズに接続できる点も注目です。

スマートフォン、パソコン 、タブレット端末はもちろん、Bluetoothが搭載されたさまざまな機器とワイヤレスでつなぐことが可能です。加えて、iOS と Androidの両方に対応しているのであらゆる携帯電話ともつなげることができ、ハンズフリーで会話ができるほか、補聴器を通した音楽鑑賞や動画視聴もスムーズに行えます。

圧倒的に便利な複数台の Bluetoothペアリングもルミティシリーズの特長です。

Bluetooth接続機器を 8 台登録することが可能ですし、さらにその内 2 台は同時待ち受け可能(マルチポイントペアリング)なので、毎回使いたいデバイスを切り替えることなく、常に 2 台を使用できる状態に保てます。

さらに、ルミティシリーズなら、ハンズフリー通話を行う際に、通話相手にとって声が聞きやすくなるというメリットもあります。

パラダイスシリーズの場合、通話周波数帯が~4.5kHzまででしたが、ルミティシリーズの場合は~6.5kHzまで拡大するため、通話相手にとって声が聞きやすくなります。

相手が聞きやすくなることで気持ちよく会話が続けられることは、ルミティならではの特長と言えます。

気になる値段は以下の通りです。(両耳ですとおおよそ2倍です)

また、ウォータープルーフ補聴器のフォナック オーデオ ルミティ ライフも発売されました。

水や汗を気にされている方にはフォナック オーデオ ルミティ ライフをおすすめします。

フォナック オーデオ ルミティ ライフの値段は以下の通りです。(両耳ですとおおよそ2倍です)

フォナック補聴器の試聴をご希望の方は、大阪補聴器センター吹田店にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォナック オーデオ パラダイスの値段と特長 

フォナック補聴器「フォナック オーデオ パラダイス」の値段は以下の通りです。

フォナック パラダイスは、ありのままの自然な音を届け、心に響く音を楽しんでいただけるように開発されました。

加えて、静かな場所での小さな声を増幅することで、家族や友人など親しい人との会話をより聞き取りやすくします。さらに、側方や後方からの騒音を抑えて、正面で話している人の声を自動的に聞き取りやすくします

また、クラス毎の機能は以下の通りです。

補聴器の形状は以下の通りです。

充電式のP-Rと電池式のP-312とP-13Tの計3器種があります。

特長としては、

フォナック パラダイスなら、電話の着信応答、音楽のストリーミング一時停止と再開は、補聴器上部をダブルタップするだけで簡単に操作できます。

また、内蔵マイクロホンにより、完全なハンズフリー通話が可能です。とても便利な機能です。

加えて、フォナック パラダイスは iOS や Android™ などの Bluetooth® 対応機器に直接つながるので、優れた音質で、音声を補聴器に直接ストリーミング できます。

さらに、2台のBluetooth 機器へ同時に接続してその2台をシームレスに切り替えることができる、便利なマルチポイントペアリング機能が備わっています。ですから、スマホ2台持ちの方やオンラインでの会議をする方には便利な機能です。

フォナック補聴器サイトで詳細が分かりますので、参照されてはいかがでしょうか。

フォナック補聴器の試聴をご希望の方は、大阪補聴器センター吹田店にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォナックテラはコスパの高いベーシック補聴器です

フォナック補聴器の新製品「テラシリーズ」は必要な機能を厳選し、お求めやすい価格を実現したコスパの高い補聴器です。

テラシリーズはベーシックな機能の「テラ」とワイヤレスアクセサリーやアプリも活用できる「テラ+」の2つのクラスがあります。

形状は以下の4器種となります。

価格はテラが1台127,000円、テラ+が1台139,000円です。

お求めやすい価格ではありますが、Bluetooth機能が搭載されています。

iPhoneやAndroidスマホ、タブレット、パソコンなどのBluetooth機能搭載のデバイスに接続でき、ハンズフリー通話や音声ストリーミング出来るのはこの価格ではかなりコスパが高いと思います。

フォナック補聴器のテラ/テラ+のサイトはこちらになります。

フォナック補聴器テラ/テラ+

水や汗に強いウォータープルーフ補聴器 フォナック オーデオ ルミティ ライフ

補聴器は精密機器ですので、水や汗に弱いことが常識でした。

補聴器ユーザーは、いつも水や汗で補聴器が濡れることを心配しながら補聴器を使用してきました。

ですので、水や汗に強い補聴器のニーズはかなり高いです。

そこで、今回ご紹介する「フォナック オーデオ ルミティ ライフ」でしたら、生活防水としてのIP68を超える防水性と防汗性を実現できます。

この補聴器でしたら、雨や汗のことを心配せずにストレスフリーな毎日がおくれます。

気になる価格はこちらです。

充電式で防水式の補聴器としてはフォナック オーデオ ルミティ ライフをおすすめします。

オーデオ ルミティシリーズカタログ

フォナック スリム の値段と特長

フォナック補聴器の「フォナック スリム」はどのような補聴器でしょうか。

一番の特長はエレガントなデザインの形状です。

従来の補聴器のイメージとは異なりオシャレですね。

着け心地もよく、フォナックの最新技術が搭載の注目器種です。

気になる値段は以下の通りです。

充電器も従来のタイプとは異なりコンパクトなデザインになっています。

比較的若い世代で補聴器が初めてのかたにおすすめの補聴器です。

世界初の完全防水充電式補聴器 フォナック オーデオ ライフ

フォナック補聴器の「フォナック オーデオ ライフ」は世界初の完全防水充電式補聴器です。

従来の補聴器ですと、国際保護等級IP68の生活防水の補聴器はありましたが、新たに塩水・プール水・汗によるテストをクリアした完全防水充電式補聴器が登場しました!

今までは、プール・温泉・海水浴・雨の日・スポーツなどで水や汗を心配して補聴器を外していた方や故障を心配して使えなかった方には朗報ですね。

気になる価格は以下の通りです。

注意 : 完全防水ではありますが、水中での使用はお控えください。水中用補聴器ではありません。

Android(アンドロイド)スマホと補聴器を直接繋ぐ方法

最近の補聴器はスマホとの直接接続が出来て、直接通話音声を聞けたりストリーミング出来たりして便利ではありますが、その殆どはiPhone限定である場合が多いです。

ですので、Androidスマホユーザーの場合は、中継器を利用して補聴器と繋げたり、スマホをiPhoneに買い替えるなどして補聴器との連携をしています。

ですが、お気に入りのAndroidスマホをそのまま使用して補聴器との連携をしたい方はどうすればいいのでしょうか。

そこで、今回紹介したいのはフォナック補聴器です。

フォナック補聴器でしたら、iOS、AndroidTM、フィーチャーフォンを含むBluetooth®対応のあらゆる携帯電話とペアリングしてハンズフリー通話が可能です!

ハンズフリー通話なら、通話音声は補聴器にダイレクトに入ってくる上に、自分の声は補聴器のマイクを通じて相手に届けることができます。

しかも、最新シリーズの補聴器でしたら、2台同時待ち受け(マルチポイントペアリングが可能になりました!

例えば、パソコンと携帯電話の同時待ち受け状態で、パソコンで動画を見ているときに携帯電話にかかってきた場合、補聴器に着信音が届くため即座に切り替えて電話に出ることができます。

その他に、会社の携帯電話とプライベートの携帯電話の2台をお持ちの方などは、同時待ち受けが出来て便利ですね。

ペアリングも通常のBluetooth機器と同じ操作で簡単に出来ます。

使用イメージ