マルチマイクと補聴器で会議(オンラインも)の会話を聞きやすくする

補聴器だけでは会議の会話が聞き取りにくいとのお声があります。

確かに、離れた距離での会話は聞き取りにくいです。また、コロナ禍ですとマスクの着用で余計に聞き取りにくいです。

では、会議の会話を聞き取りやすくする方法はあるのでしょうか?

各補聴器メーカーでは、ワイヤレスマイクが用意されています。

今回はリサウンド補聴器のマルチマイク(55,000円)を紹介したいと思います。

まず、形状は以下の通りです。

とても小型で軽量です。

また、最大で25m離れた補聴器まで直接音声を届けます。

そして、テーブルに置けば、テーブルマイクとしても使用できます。

1対1の会話では、相手にマルチマイクを着けてもらえば、騒がしい場所での会話もし易くなります。

加えて、テレコイルへの接続、ヘッドフォン出力を備えたテレビやオーディオ機器からの音声入力も可能なライン入力も出来ますので、とても便利です。

また、コロナ禍で増えたオンライン会議でも利用できます。パソコンの音声が直接補聴器に届くので便利です。

設定も使い方も簡単です。

マルチマイクは通販対応しますので、ご入用の方はお問い合わせください。

オンラインで補聴器を購入する時代になるのか?

今までは、補聴器を購入しようとすれば、まず補聴器販売店に行くことが常識でした。

しかし、新型コロナウイルス感染症の感染防止のために外出が自粛される昨今の状況では、なかなか補聴器販売店に行くこと自体が難しいです。

勿論、出張訪問での補聴器購入は出来ますが、最近流行りのオンラインを利用するシステムがリサウンド補聴器で登場しました。

その名は

リサウンド・アシスト遠隔サポート ライブ

です。

リサウンド・アシスト遠隔サポート ライブなら、お店に行けなくてもスマートフォンを介し、遠隔で快適に聴覚テストや補聴器の相談・初期調整、その後の調整を受けられます。

つまり、全てがオンラインで解決するので今まで地域限定で制約されていた販売店のカバーエリアが極端に言えば全世界に広がることになります。

ですので、オンラインでの補聴器フィッティングが広まれば、当然ですがフィッティング技術が高い補聴器販売店にお客様は集中することになり、販売店の淘汰が進むことでしょう。

ですが、やはり対面で親切丁寧に対応して欲しいニーズや補聴器の故障対応を迅速にしてほしいニーズはありますので、全てがオンラインになる訳ではありません。

では、このリサウンド・アシスト遠隔サポート ライブを使用するにはどうすればいいのでしょうか?

リサウンド・アシスト遠隔サポート ライブのご利用を希望する場合は、まずは遠隔サポートに対応しているお近くの補聴器販売店へご相談する必要があります。

すると、こんな感じで始まります。

1. 担当専門家よりビデオ通話が開始されます。

2. ビデオ通話を開始するため、リサウンド・スマート 3Dアプリのアイコンをタップしてビデオ通話を開始します。

3. ビデオ通話を開始すると、専門家の映像が画面に表示されます。

4. 補聴器に新しい調整が送信されている間は画面に進行状況がバーで表示されます。

5. ビデオ通話が終了すると、補聴器が自動的に再起動し、お使いのiPhoneの画面に「セッション終了済」が表示されます。

とても簡単ですね。

比較的若い世代の補聴器ユーザーでしたら、このオンライン補聴器調整はいいと思います。

補聴器の紛失保証

補聴器の装用を検討する際に、

「高額な補聴器を購入しても紛失が怖い!」

「補聴器を紛失した際に、何か保証はないのかな?」

などのお声があります。

補聴器メーカーによっては、補聴器の紛失保証があるメーカーもあります。

但し、

・プレミアムクラスの補聴器限定

・紛失の場合に割引価格で購入出来る(上位クラス補聴器のみ)

など、対応はまちまちです。

個人的に補聴器の紛失保証で、一番お勧めは「リサウンド補聴器」です。

簡単にグレード毎の保証内容を紹介すると以下の通りです。

グレード毎に紛失保証内容は異なりますが、ほぼ全ての製品が紛失保証の対象になります。

プレミアムクラスの補聴器に関しましては、最高で2年間で2回の紛失保証が付いてきます。

これでしたら、安心して補聴器が使えますね。

また、リサウンド補聴器とスマホを接続して使用の方でしたら、アプリ内の置き忘れた補聴器を捜す機能を使えば、GPSで位置を測定して捜すことも可能です。

ですので、補聴器の紛失が心配な方にはリサウンド補聴器をおすすめします。

おすすめの充電式補聴器は?

すっかり耳かけ型補聴器では、充電式がメジャーな存在として注目されていますが、どのメーカーの充電式補聴器がいいのかは人それぞれです。

そこで、当店取り扱いメーカーの充電式補聴器でどれがおすすめかを考察したいと思います。

1.シグニア補聴器

充電式補聴器が3シリーズあり、選択肢が広いです。持ち運びに便利なポケットサイズのポータブル充電ケース対応の器種はオシャレなデザインです。置くだけで充電できる簡易充電器対応の器種は、取り扱いが簡単で好評です。

また、価格的にも1台充電器込みで17万円代からと手頃な価格からあるのもいいですね。

2.フォナック補聴器

標準タイプとRICタイプの2器種があります。Androidスマホにも直接つながりハンズフリー通話もできることがいいですね。

3.リサウンド補聴器

RICタイプの補聴器になります。充電器本体に充電池が内蔵されているので、旅行などに便利です。

以上のように一口に「充電式補聴器」と言っても、メーカーによって特徴がありますので、単純にこのメーカーがいいとは言い切れません。

また、充電以外の機能においてメーカーにより機能は異なりますから、個別のカウンセリングで相談されるのがいいと思います。

補聴器のブランドと会社名

以前は補聴器のブランドと会社名が同じであるケースが多かったのですが、最近の傾向では補聴器のブランドと会社名が異なり、「一体どれが正しいのか?」とのお声が増えてきました。

そこで、今回は補聴器のブランドと会社名をまとめてみたいと思います。

但し、当店取り扱いのメーカー限定です。

 

1.ブランド:シーメンス・シグニア 、 会社名:シバントス株式会社

 

以前は「シーメンス」ブランドではありましたが、現在は徐々に「シグニア」ブランドになっています。また、本社が以前はドイツでしたが、現在はシンガポールです。会社名のシバントスはまだまだ消費者には浸透していないようです。

お客様から「シーメンス」の補聴器と言われれば、「シーメンス・シグニア」の補聴器となりますが、いずれは「シバントス」の補聴器となることでしょう。

 

2.ブランド:リサウンド 、 会社名:GNヒアリングジャパン株式会社

 

以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「リサウンド」の補聴器と言われます。

 

3.ブランド:フォナック 、 会社名:ソノヴァ・ジャパン株式会社

 

こちらも以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「フォナック」の補聴器と言われます。

 

以上のようにブランド名と会社名が異なるケースが多いので、混同しないように注意しましょう。

 

 

Made for iPhone 補聴器とは

スマホと補聴器の連携の話の中に「Made for iPhone 補聴器」という言葉を使っていますが、具体的にどの補聴器が該当するのですか?とのご質問を頂きました。

Made for iPhone 補聴器を列挙すると以下の通りになります。

Audibel

  • A3i
  • A4i

Audigy

  • AGXsp
  • AGXsp 2

Beltone

  • Beltone Boost
  • Beltone First
  • Beltone Legend
  • Beltone Boost Plus

Cochlear

  • Baha 5
  • Baha 5 Power
  • Baha 5 Super Power

Kirkland Signature

  • KS 6.0

MicroTech

  • Kinnect
  • Kinnect 2

NuEar

  • iSDS
  • iNOW

Oticon

  • Opn

ReSound

  • ReSound ENZO
  • ReSound ENZO2
  • ReSound LiNX
  • ReSound LiNX TS
  • ReSound LiNX2
  • ReSound Up Smart

Starkey

  • Halo
  • Halo 2

日本で発売されているのは、ベルトーン・オーティコン・リサウンド・スターキーの補聴器になります。

上記補聴器であれば、アップル製品のiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第4世代)、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad mini、iPod touch(第5世代)に直接補聴器が繋がります。

そして、クリアな通話音声、音楽、FaceTime通話、ターンバイターンの経路案内機能などを利用できます。

アップル製品のホームボタンをトリプルクリックするだけで、ペアリングした補聴器の機能と設定に簡単にアクセスできます。また、バッテリーの状態も一目で確認でき、左右のボリュームは一緒にでも別々にでも調節できます。

いずれにしても、アップル製品を愛用の方には、Made for iPhone 補聴器を推奨します。