冬は補聴器の電池も持ちが悪くなります

段々と寒くなると、

「新しい電池を入れたが、補聴器が聞こえない!」

「以前より電池寿命が短くなった!」

などのお声が増えてきます。

実際に補聴器が故障しているケースもあるのですが、冬の寒さが原因のケースも多いのです。

分かりやすくまとめた画像があります。

まず、低い温度ですが、手のひらで温めることで改善する場合があります。

乾燥については、面倒ではありますが、乾燥ケースに空気電池を入れないことで改善します。

二酸化炭素については、部屋の換気をこまめにすることで改善します。

また、最近増えている充電式補聴器も寒さには弱いです。

補聴器が充電できない、音が出ていない、充電器のランプが点滅しているなどの症状が出ている場合は、手のひらなどを使い、体温で補聴器(充電池)を温めてからご使用ください。