新型コロナウイルス感染症で聴力に障害は出るのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症で色々な後遺症があるとの報道があります。

まだまだ検証される症例が少ないのもあり、一体どの程度のリスクがあるか不明なのは否めません。

しかし、聴覚に関してはイギリスでの研究結果が発表されました。

「英マンチェスター大学の聴覚学の専門家は、新型コロナウイルス感染者の一部が回復して退院後、聴力の悪化や耳鳴りが長期間続く障害を報告したとの研究結果を公表しました。」

「今回の研究は、感染して入院し、退院してから8週間経過した成人の121人を対象に調査。聴力上の障害の有無を尋ねたところ、8人が悪化を、別の8人が外部要因には起因しない耳鳴りの発生を認めたという。」

つまり、新型コロナウイルス感染者の約13%が何らかの聴覚での後遺症があったことになります。

「同大の聴覚学の教授は、科学者は既に、はしか、おたふく風邪や髄膜炎などの他のウイルスも聴力の喪失を生じさせる可能性があるほか、新型コロナウイルスの場合は脳の情報の出し入れに関与する神経を損なう可能性があることを把握していると説明しています。」

「理論的には新型コロナウイルスが中耳や内耳にある蝸牛を含む聴覚系システムの一部に問題を起こすこともあり得ると分析した。」

以上のことから、新型コロナウイルス感染症で聴力に障害が残るリスクがあると言えると思います。

聞こえのレベルを簡単に調べるには

新型コロナウイルス感染症の感染予防でマスクを装用している方が殆どとは思います。

ですが、マスクを装用すると口元が見えないので、以前と比べて聞き取りにくく感じている方も多いかと思います。確かにマスクを装用して話すと言葉の明瞭度は低下します。かと言って、マスクを外して話してくださいとは言えません。

なんとなく自分の聞こえのレベルはどうなのか不安に思っている方におすすめのサイトがあります。

シグニア補聴器の「聞こえのレベル簡単チェック」です。

10問の質問に「はい」「そうかもしれない」「いいえ」で答えるだけで、最後に「聞こえの対策の必要度」が表示されます。

例えばこんな質問があります。

「二人以上の人が同時に話始めると、よく聞き取れなくなる。」

「話相手の顔を見ている方が、話がよく分かると感じる。」

など簡単な質問です。

全ての質問に答えると、難聴の可能性について答えてくれます。

そして、別のサイトの「難聴レベルチェッカー」で難聴レベルごとの聞こえを体験できます。

サイト内のグラフ右側の難聴レベル(健聴~重度難聴)のボタンをひとつ選んで、グラフの中のアイコンをクリックすると、選んだ難聴レベルではどのように聞こえるのか体験できます。

もちろん、正確な検査は耳鼻咽喉科で行うことが必要ですが、昨今の現状では病院に行くこと自体新型コロナウイルス感染症のリスクがあり、厳しいのが事実です。

もしも、難聴レベルに該当している場合は、補聴器の装用も考えてみてはいかがでしょうか。