フォナック バート マーベルはここが凄い!

2020年5月20日に発売のフォナック補聴器の耳あな型補聴器「バート マーベル」は注目の逸品です。

全世界で200万台以上が出荷された「マーベル」シリーズの流れを汲み、耳あなタイプでの使用をご希望の方には待望の補聴器ではないでしょうか。

今回耳あなタイプは4タイプ発売ですが、機能の充実した「バート M-312」に特化してその特徴を説明します。

バート M-312

1.ハンズフリー通話

スマホと直接つながる補聴器が増えてはいますが、自分の声はスマホのマイクで伝える仕組みなので、通話の際にはスマホを口元に持ってくる必要が今まではありました。

ですが、バート M-312は補聴器のマイクで自分の声を拾うことが出来るので、ハンズフリーでの通話が出来ます。

しかも、iPhoneとAndroidいずれのスマホでもBluetoothでペアリングして使用できます。

外見も、ブラックにすれば、ワイヤレスイヤホンにしか見えません。

2.ロジャーに直接つながる

例えば、離れた場所の声や複数の人が同時に話す場合に、補聴器だけでは聞き取りにくい場合があります。

そんな時に便利なのが、デジタルワイヤレス補聴援助システムのロジャーです。

こんな機器を使用します。

しかし、従来の耳あな型補聴器の場合は外部受信機を用意して使用する必要がありましたが、バート M-312なら直接受信することが出来ます。今までより簡単に快適にロジャーを使用して職場やプライベートでの聞き取りを改善できます。

3.テレビコネクターDと繋がる

テレビコネクターDはテレビの音声を直接伝えるワイヤレス機器です。

こちらも直接つながりますので、好きなテレビ番組や映画をステレオのいい音で聞いてもらえます。

以上のことから、一言でバート M-312の特徴を言えば、

「補聴器とワイヤレスイヤホンの融合」

と言えるのではないでしょうか。

フォナック バート マーベル カタログ

フォナック バート マーベルの価格

2020年5月20日に発売の「フォナック バート マーベル」の価格は以下の通りです。

バート M-チタン

プレミアムクラス 片耳 575,000円

アドバンスクラス 片耳 405,000円

バート M-312

プレミアムクラス 片耳 570,000円

アドバンスクラス 片耳 400,000円

スタンダードクラス 片耳 310,000円

エッセンシャルクラス 片耳 218,000円

バート M-10 NW O

バート M-312 NW O

プレミアムクラス 片耳 555,000円

アドバンスクラス 片耳 385,000円

スタンダードクラス 片耳 295,000円

エッセンシャルクラス 片耳 198,000円

個別の特徴や機能などにつきましては、後日ブログ記事として掲載します。

フォナック バート マーベル カタログ

アフターコロナ時代と補聴器の関係は?

まだまだ新型コロナウイルス感染症の自粛生活が続いています。

しかし、いつかはこの自粛生活も終わります。

但し、このコロナ時代が終了するころには、人々の価値観や考え方が大きく変わることと思われます。

そこで、今回はアフターコロナ時代に補聴器はどうなるかを予測してみたいと思います。

1.訪問型の補聴器販売店のニーズが高まる。

まず予測されるのは、従来型の店舗にお客様が来ていただくスタイルの補聴器販売店よりも、お客様の所へ訪問する訪問型の補聴器販売店のニーズが高まることです。

確かに、外出自粛では補聴器の購入や調整の際に、「行けない」問題があります。

ですが、訪問型であれば自宅で全て対応できますし、感染のリスクもありません。

当店は訪問型に特化した補聴器専門店ですので、今回の新型コロナウイルス感染症時代でも、お客様のニーズにはお応え出来ます。

2.補聴器の遠隔調整が普及する。

これまでは、補聴器の調整をする際には店舗まで行って対応してもらうスタイルでしたが、外出自粛では調整に行けません。各メーカーで遠隔調整のシステムがありますが、今まで正直あまり活用されていませんでした。

オンラインでの調整はお店とお客様それぞれにメリットがありますので、これから普及していくことと思います。

3.耳あな型補聴器が人気となる

プライマックス

最近はRICタイプの補聴器が人気と言われていますが、マスクの装用を前提とすれば、使い勝手が悪くなります。

マスクを外す際に補聴器が落下する

マスクと補聴器と眼鏡と3つが耳の上にあるから、痛くなる

補聴器がマスクの邪魔になる

などのお声があります。

これは耳あな型補聴器にすれば解決できます。

4.補聴器用ワイヤレス機器が普及する

ワイヤレスアクセサリー

今まであまり注目されていなかった補聴器用のワイヤレス機器が注目されます。ソーシャル・ディスタンスを維持するために、離れて会話をする機会が増えると補聴器だけでは聞き取りにくい場合が多くなります。

リモートマイクなどを相手に装着してもらい離れて話すとか、指向性マイクを話し手の方に向けて聞き取るとか各種ワイヤレス機器を活用して聞き取るニーズは増えています。

以上が筆者が予想する変化です。ただし、あくまで個人的な予想ですのでご了承ください。

マスクと補聴器

新型コロナウイルス感染症の感染予防でマスクを使用する方が多い昨今ですが、マスクと補聴器は思った以上に相性が良くありません。

例えば、マスクを使用すると口元や表情が分からないので、読話を併用して聞くことが出来ません。ですので、いつもより聞き取りが悪くなります。

NHKの「おはよう日本」でもこんなアナウンスがありました。リンク先は以下のサイトです。

https://youtu.be/EFTYQGuqOzw

また、耳かけ型補聴器をご使用の方の場合、マスクを外す度に補聴器が外れそうになります。また、眼鏡をご使用の方の場合、耳の上に眼鏡・補聴器・マスクの紐と3つが載ることになり耳の上が痛い場合もあります。

では、マスクを着けながら補聴器を使用しなければならない人はどうすればいいのでしょうか?

一つは、耳あな型補聴器を使用するのがいいでしょう。

耳あな型補聴器はこのような形状です。

マスクや眼鏡の邪魔にはなりません。

詳しくは当店サイト「補聴器の種類」をご覧ください。

また、聴力や耳の問題で耳かけ型補聴器でないといけない方の場合は、補聴器の落下を防ぐアイテムの使用をお勧めします。

詳しくは当店ブログ記事「耳かけ型補聴器の落下を防ぐには」をご覧ください。

口元がマスクで見えない分、どうしても聞き取りは落ちてしまいます。これにつきましては、出来るだけゆっくりはっきり言ってもらうしかありません。

当面マスクを装着することが続きそうな状況ですので、マスクを使用することを前提にして補聴器の使用を考える時代だと思います。

充電式耳あな型補聴器

2020年1月現在は、耳かけ型補聴器でしたら各種充電式補聴器があります。

しかし、オーダーメイドで作成される耳あな型補聴器は空気電池タイプのみに限定されていましたが、アメリカでは2月から充電式耳あな型補聴器が発売されるそうです。

こんな形状のイメージとなります。

充電器の接点がフェイスプレート面にあるみたいです。

充電器にはこんな感じでセットするようです。

耳かけ型補聴器の充電器とはセットの仕方は異なるようですが、簡単に充電できそうです。

ワイヤレスイヤホン等では充電式はデフォルトですが、補聴器はまだまだでした。しかし、今年は各種充電式耳あな型補聴器が登場する年になりそうです。

リサウンド・リンクス クアトロに耳あな型が登場

現在好評をいただいているリサウンド・リンクス クアトロシリーズに2019年8月29日から耳あな型補聴器が発売されます。

勿論、超快適耳あな型のリサウンド・ダブルエア クアトロも同時発売されます。

今回の「リサウンド・リンクス クアトロ 耳あな型」の特徴は以下の通りです。

1.CICにもワイヤレス機能が搭載

今までですと、CICタイプにするとワイヤレス機能が無く、ダイレクトストリーミングも出来ないのが常識でした。確かに、CICタイプは小型なのでスペースや技術の問題はありました。

ちなみに、CICタイプはこのような形状です。

今回のCICにもワイヤレスの機能は、現時点ではメーカー説明では世界初とのことです。

見えない補聴器でスマホとのダイレクト接続は魅力的ですね。

2.Androidスマホにも直接つながる

従来ですと、リサウンド補聴器の場合はiPhoneのみがダイレクトストリーミング出来ましたが、今回は遂にAndroidスマホもダイレクトストリーミング出来ます!

気になる価格ですが、以下の通りです。

9クラス 片耳 520,000円 両耳 936,000円

7クラス 片耳 340,000円 両耳 612,000円

5クラス 片耳 230,000円 両耳 414,000円

となります。

今まで、

CICタイプ希望だが、ワイヤレス機能も欲しい。

スマホがAndroidなので、ダイレクトストリーミング出来できる補聴器が欲しい。

と、お考えの方にはお勧めですね。

オーダーメイド補聴器の作成は大変です

補聴器は大きく分けて、耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器があります。

耳かけ型補聴器の場合は、既製品なので比較的販売側の手間は少ないのですが、耳あな型補聴器の場合は、オーダーメイドになるのでメーカーと販売店はそれぞれ多くの手間をかけてます。

まず、メーカーではどのように耳あな型補聴器を製造しているのでしょうか。

分かりやすく紹介した動画がフォナック補聴器にあります。内容は以下の通りです。

動画を見ていただければお分かりいただけますが、結構大変です。

耳あな型補聴器が耳かけ型補聴器に比べて割高になるのは当然だと思います。

また、販売店側も大変です。

補聴器作成の為の耳型採取・注文の仕様・メーカーへの注意事項の伝達など知識や技術が必要な場面が多いです。

ですので、知識や技術に不安のある販売店などは、故意に耳かけ型補聴器ばかりを推奨する店もあるようです。

以前は補聴器の半分以上が耳あな型補聴器の時代もありましたが、今はRICタイプ耳かけ型補聴器が人気なので耳あな型補聴器のニーズは減少しています。

しかし、とにかく目立たない装用感のいい耳あな型補聴器のニーズは根強くありますので、個人的にはもう少し伸びて欲しいタイプの補聴器ですね。

超快適耳あな型補聴器

超快適な耳あな型補聴器が2019年4月から発売となります。

それは、

「リサウンド・ダブルエア」です。

まず、形状ですが、こんな形をしています。

ユニークな形状ですね。

普通にこのような形状にすれば、ピーピーとハウリングがします。しかし、リサウンド・ダブルエアですと、十分な音量を出してもハウリングは抑制されます。

耳あな型補聴器は、

自分の声が響く

音がこもって聞こえる

など、物理的に耳穴を塞ぐことによる問題点はありましたが、リサウンド・ダブルエアなら解決できます!

この新製品の特長を現したのが、以下の画像です。

ただし、注意点があります。

この補聴器は難聴の程度が軽度・中度難聴向けなので高度・重度難聴の方は不適合となります。

気になる価格ですが、以下の通りです。

リサウンド・ダブルエア9 片耳価格 390,000円 両耳価格 702,000円

リサウンド・ダブルエア7 片耳価格 260,000円 両耳価格 468,000円

リサウンド・ダブルエア5 片耳価格 190,000円 両耳価格 342,000円

となります。

より詳しい情報につきましては、4月中旬にブログにてお知らせします。

カラフルな耳あな型補聴器が人気です!

補聴器と言えば、とにかく「地味」「隠したい」「年寄じみた」など一般的なイメージとしては決して良くはありません。

しかし、最近では「カッコいい」「おしゃれ」「カラフル」など新しいタイプの補聴器が増えてきました。

 

そんな中で、今回は「カラフルな耳あな型補聴器」を紹介したいと思います。

 

通常、耳あな型補聴器の色は肌の色「ベージュ」です。

肌の色で目立たないのはいいのですが、

「どちらが右か左か分かりにくい。」

「もう少し明るいオシャレな色は無いのか?」

などの声もあり、シェル(耳の中に入る部分)については、赤や青のカラーが選べるメーカーも増えてきました。

 

そんな中でシーメンス・シグニア補聴器の耳あな型補聴器はシェルの色が8色、フェイスプレート(外側に来る部分)が5色選ぶことが出来ます。

どんな色と組み合わせがあるかは以下の通りです。

耳あなカラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスプレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きな色を選べるのはオシャレですね。

アクセサリー感覚で補聴器を身に着ける時代もくるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

防水仕様耳あな型補聴器

最近の補聴器は防水タイプが増えてきましたが、その殆どは耳かけ型補聴器です。

当店取り扱いメーカーの中ではシーメンス・シグニア補聴器が耳あな型でも防水タイプがあります。

もちろん器種は限定されますが、オプションとして「アクアプロテクト」(¥6,000 一台につき)を付ければ汗・水・湿気に強いIP57対応の防水補聴器になります。

アクアプロテクト

 

 

 

 

 

対象器種はprimax 7px、5px、3pxシリーズのCIC、CIC312以外の器種になります。

仮にprimax 3pxシリーズで作成するとしたら、片耳代金270,000円にプラス6,000円の合計276,000円から作成できます。

水に濡れる場面がある方

埃の多い環境で使用する方

野外でのスポーツをする方

などには防水仕様の耳あな型補聴器をお勧めします。