なぜ補聴器はすぐに効果がでないのか?

補聴器を初めて試した方によく言われるのが、

「補聴器を試したけど、効果が感じられない。」

「自分には補聴器が合わなかったから、使わない。」

「眼鏡みたいに、着けたら補聴器はすぐに聞こえると思っていたのに・・・」

などのお声をいただきます。

確かに、補聴器は着けてすぐに良く聞こえる魔法の器械ではありません。

なぜならば、音や言葉は脳で聞いているからです。

難聴の方の脳は、音が入ってこない静かな状態にいるため、あまり音を処理しない状態に慣れてしまっています。

補聴器をつけて再び音が聞こえてくると、たとえそれが本来必要な音の刺激であったとしても、その刺激に脳がすぐには慣れないことがほとんどです。

そのため、難聴の方が初めて補聴器をつけた時は、単純に「騒がしい」と感じてしまうのです。

ですので、脳に音や言葉を聞くトレーニングが必要になります。

トレーニングと言っても、難しいことをする訳ではありません。

補聴器を調整しながら、徐々に慣らしていくだけです。

すると、脳が再び音に慣れて、周囲の音から必要な音を聞き分ける力もついてきます。

ですので、「自分には補聴器が合わないから使えない」とあきらめるのは早いですよ。

難聴を放置すると脳はどうなるのか

年齢とともに人間の聴力は低下してきますが、多くの方は

「年だから仕方ない!」

「自然なことだから、それで構わない!」

などと放置する傾向があります。

ですが、脳のことを考えると放置することは問題があります。

人間の脳は思考や行動など、人が生きていくうえで必要なことのすべてを判断しています。

脳は難聴が生じると、音から得る感覚が弱くなるため、何らかの形で失われた感覚を過度に補おうとします。

つまり、聴覚が衰えた分、触覚や視覚などをより鋭くしようと一所懸命働くのです。

しかし脳が余計に働いたことで、人間はいつも以上に疲れを感じたり、集中力が低下したりします。

また、ほとんどの場合、難聴は徐々に進行します。

そのため、特定の音が聞こえなくなったことに気付かず、自分は難聴だと自覚するタイミングが遅れてしまいます。

脳は音が聞こえにくくなっても、音の記憶をしばらく保っていますが、数年経った後はその音を忘れてしまいます。

そのような脳の問題に対して、補聴器は健全な脳の働きをサポートする役割もあります。

補聴器は音を聞くことだけでなく、脳内の聴覚神経を刺激してくれます。

すると脳は他の感覚を過度に鋭くする必要がなくなり、聴覚から得られる情報から思考を深めるという高次機能の働きを継続します。

以上のことから、難聴を放置して脳の変化が生じる前に対策をすることは肝要だと思います。

2019年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : , | 投稿者 : 玉腰

補聴器はすぐに慣れますか?

補聴器を初めて試す方に、よく「補聴器はすぐに慣れますか?」「補聴器ですぐに何でも聞こえますか?」

とご質問をいただきます。

個人差のある問題ではありますが、補聴器に慣れるにはある程度の時間は必要ですし、補聴器でなんでも聞こえる訳ではありません。

どうしてそうなのか・・・

以下の理由が考えられます。

 

1.必要な音と雑音の区別を脳がすぐに出来ない。

 

年齢とともに少しずつ聞こえにくくなった方の場合、音の少ない状態に脳が慣れています。

人間の脳は、いろいろな音の中で必要な音を選び出すことを無意識にしています。そこに補聴器を付けると、それまで聞こえていなかったいろいろな音が急に聞こえます。しかし、脳は最初のうちはどれが必要な音でどれが不要な音なのか直ぐには識別できません。

ある程度の時間が経過してくると、脳は不要な音を認識するようになりますから、その段階になれば、雑音を意識しにくくなってきます。

 

2.脳には言葉の内容の再学習が必要

 

人間の脳は、耳からの情報がどんな音(言葉)なのか音の成分から判断します。しかし、補聴器を通してそれまでより多くの情報が脳に入ってきますが、最初のうちはその情報を上手く利用できません。増えた情報を脳が有効に判断するようになるには時間を要します。

ある程度の経験を積むことで、脳が学習し、次第にそれまでよりも多くの手がかりを利用できるようになれば、より簡単に正確に音(言葉)を理解できるようになります。

 

3.最初の補聴器の調整は抑えめになっている

 

補聴器をつけて急に大きな音が聞こえると、うるさく感じたり使いたい意欲が減少したりします。そこで、まだ補聴器に慣れていない段階では、補聴器の増幅の度合いをやや抑え気味にしています。

そこで、ある程度補聴器の音に慣れてくると、音量が物足りない感じになってきます。その場合は、補聴器の調整で音量を上げることがよくあります。

 

以上のことから、補聴器には慣れが必要です。効果が無いと言ってすぐにあきらめないようにしましょう。

2018年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : , | 投稿者 : 玉腰

補聴器は早期装用をお勧めします!

一般的に聞こえに不自由を感じて補聴器の装用を開始するのに、7年程度かかると言われています。

やはりまだまだ装用に抵抗がある補聴器ですが、ぎりぎりまで我慢するよりは早期装用をお勧めします。一例を挙げれば、ある程度若いうちに難聴が比較的軽度のうちに補聴器を着けていた方のほうが、高齢になり難聴の程度が進んでもよく聞き取れる傾向にあります。

また、補聴器の装着や電池の交換には、ある程度の指先の器用さが必要になりますが、年齢と共に指先の動きは鈍くなりますので補聴器を着けたくても、自分での装用が難しい方もいらっしゃいます。

ある程度以上難聴が進んでしまってから、補聴器を使い始めても上手く聞き取れないことがあります。これは脳の問題が関係しています。音を聞く脳の回路は、常に刺激されていないと段々働きが悪くなってきます。ですから、脳に十分な音を入れて刺激を続けることは大切になってきます。これは、補聴器の片耳装用の場合に、非装用耳にも起こる現象でもあります。

以上のことから、長い目でみた場合はやはり「補聴器の早期装用」がお勧めです。気になる方は、まずは補聴器の貸出で聞こえを体感してみて下さい。