軽度難聴で初めて補聴器を始めたい方へ

軽度難聴の方の場合、日常生活においては補聴器無しでも支障が無いケースが多いので、補聴器の装用に対する危機感が少ないのが現状です。特定の場面においてのみ不自由を感じるので、中度難聴以上の方の場合に比べて難しいケースが多いのが特徴です。

先日も軽度難聴の方が初めて補聴器を試したのですが・・・

「騒がしい場所の10m離れた小声に困っているので、補聴器を使いたい。」

「自分の聞きたい会話だけ補聴器で大きく聞きたい。」

「自分の声は小さく聞こえて、相手の声だけはっきり大きく聞きたい。」

とのご要望でしたので、残念ながら補聴器の限界を説明させていただきました。

実際問題、健聴の方でも騒がしい場所の10m先の小声が分からない場合もありますし、補聴器は自分の聞きたい音や声だけを耳に伝える器械ではありません。

では、補聴器を使うのはぎりぎりまで我慢すればいいのでしょうか?

答えは「No」です。

先ず言えるのは、ある程度若くて難聴が軽度のうちから補聴器を使っていると、高齢になって難聴が進んでもよく聞き取れる傾向にあります。これは脳の働きに関係してきます。つまり、音を聞く脳の回路は、常に刺激を受けていないと段々働きが悪くなる現象があります。ですから、十分な音を入れて脳を刺激し続けることは重要です。

それでは、どのタイミングで補聴器を使い始めればいいのでしょうか?

以下の兆候が見られるようになったら、検討してみて下さい。

1 聞き返しが多くなる。

2 耳の後ろに手を当てる。

3 早口が聞き取りにくい。

4 呼びかけられても気付かない。

5 テレビ(特にドラマやバラエティ)の声が聞き取りにくい。

6 周りが騒がしいと聞き取りにくい。

7 複数での会話が聞き取りにくい。

8 今まで聞こえていた音が聞こえない。

チェックする際にはご自身の結果と家族からみた結果を比較してみて下さい。意外と家族からの指摘が多いかもしれません。

 

いずれにしても、補聴器が初めての方の場合は補聴器専門家のカウンセリングをしっかり受けて補聴器の使用を検討してみて下さい。

 

聴力の低下が及ぼす様々な影響とは

9月15日が敬老の日なので、業界としては様々な販促活動を行っています。ですから今の時期は補聴器や集音器の広告を目にする機会が多いかと思います。

普段あまり意識しなかった「聞こえ」のことを考える契機としての宣伝広告かもしれませんが、聴力の低下は個人のライフスタイルにおいて様々な影響を及ぼしています。

例えば、聴力が衰えると次第に会話が困難になってきます。聞き間違える頻度が増えたり、何度も聞き返したり、よく分からないまま返事をしたりしていると、次第に自信がなくなって来て後ろ向きな考え方や生き方になってくる傾向にあります。

聴力の低下が及ぼす主な影響としては以下のことが挙げられます。

・会話の聞き取りの低下

・他人とのコミュニケーションの低下

・注意力の低下

・記憶力の低下

・探究心の低下

・職務効率の減退

・イライラ、ストレス、憂鬱などの精神的な不安定

・引きこもりや社会的な孤立化

・他人からの認識、関心の低下

などが挙げられます。

難聴は決して軽視していいものではなく、早めの対策が必要です。

毎日を活き活きと暮らす為には対策が必要です。まずは専門家にご気軽にご相談下さい。

 

補聴器の寿命に影響を与えるのは何か

一般的に補聴器の寿命は4~5年程度と言われていますが、これは補聴器が常に人体に接しながら使用されていることでどうしても機能低下や動作不良など部品交換が必要な修理が発生することによります。

補聴器にダメージを与える要因としては以下の内容が挙げられます。

1.湿気

一番大きな要因です。しっかり補聴器を乾燥させずに使用していると、水分凝結によるショート、電池不良、電池の液漏れなどが発生し補聴器修理のリスクが高くなります。

2.汗

汗自体の湿気に加えて塩による再湿潤によるショートもあります。

3.耳垢

マイクやレシーバーの遮断や補聴器材料の変色・劣化の原因で、特に耳あな型補聴器では注意が必要です。

4.微生物

補聴器本体より耳自体の問題ですが、補聴器表面で増殖した菌などが二次感染する危険性があります。

5.溶剤(整髪料・洗浄剤・香料など)

補聴器の亀裂、表面の変性や変色、マイクやレシーバーの遮断、ショートなど色々な影響を与えます。意外と見落としがちな要因ですが注意が必要です。

上記の要因に対し補聴器ユーザーが出来る対策としては

1.定期的に店で補聴器の点検を受ける

補聴器専門店では使用中の補聴器の点検は原則無料で受けられますので、定期点検での補聴器チェックを習慣にしましょう。

2.しっかり補聴器を乾燥させる

補聴器を使わないときは出来るだけ乾燥ケースで補聴器を保管し、乾燥剤も定期的に交換しましょう。

3.耳垢掃除をしっかりする

耳自体の耳垢掃除とブラシでの補聴器音口部分の掃除をまめに行いましょう。

が必要になります。

マメなお手入れで少しでも補聴器の寿命を延ばせるようにしてみて下さい。

語音弁別能が低い場合の補聴器の効果

語音弁別能(最高語音明瞭度)が低い場合に限って、「テレビをはっきり聞きたい」「電話をはっきり聞きたい」とユーザー様から希望を言われます。先日も語音弁別能が20%の重度難聴の方から、電話がはっきり聞こえるようにしてほしいと言われましたが、残念ながら補聴器の限界を説明させて頂きました。理想を言えば、補聴器で希望されたことが全て実現できればいいのですが、補聴器はあくまで補装具ですので限界があります。

一般的に語音弁別能が40%以下になると、補聴器を装用しても音声のみでのコミュニケーションが難しくなり、視覚的情報を用いての補助が必要ですし、20%以下になると読話や筆談などが必要になってきます。

また、語音弁別能は一番聞き易い条件での結果であり、周囲の騒音や話し手の話し方によってより低くなる場合が多いのが現状です。

では、語音弁別能の低い方は補聴器の効果が無いから補聴器は不要と考える方もいるかも知れませんが、補聴器はコミュニケーションの補助的手段として効果があります。個人差のある現象ですが、補聴器を装用することで語音弁別能が高くなり普通に会話できる方もいらっしゃいます。

いずれにしても、補聴器の装用を諦めることは禁物です。ご自身の聞こえの限界はありますが、補聴器でできる範囲の効果はしっかりとしたフィッティングで実現してみて下さい。

箕面市で補聴器をお探しの方へ

大阪補聴器センター吹田店は吹田市江坂を拠点に出張訪問で補聴器を販売しています。箕面市は吹田市に隣接する訪問エリアですので、出張訪問対応の依頼が比較的多い地域ですが、箕面市には残念ながら補聴器専門店はありません。殆どの方が眼鏡店で補聴器を購入されているようです。

しかしながら、先日もキューズモール箕面の近くで補聴器を扱っている眼鏡店が突然閉店しました。その店で補聴器を購入された方は調整や点検をどうされているのか心配です。おそらく近隣の他の眼鏡店で調整・点検する案内を出している(ひょっとして出していないかも?)とは思いますが、遠方の店舗ですと通うのが大変ですし、今までの調整の記録も担当が違うとなかなか難しい問題も出てきます。

大阪補聴器センターは出張訪問で営業するスタイルの出張訪問補聴器専門店ですので、箕面市でしたら喜んで訪問致します。お気軽にご連絡下さい。(電話 06-6836-7213)

 

補聴器貸出の際に確認いただきたいこと

当店では補聴器の無料貸出を行っていますが、貸出期間中に確認していただきたいことがあります。

もちろん1週間では確認できない部分もありますが、以下の内容を確認頂ければ幸いです。

1.電源の入り切りが出来るのか。

上手く出来れば問題ありません。出来れば電池の交換も出来るか確かめましょう。

2.耳への出し入れが出来るのか。

上手く出来ないと補聴器が使えません。

3.会話が分かるのか。

1対1での会話が分かればいいです。もちろん外出時の会話も分かればベストですが、1週間での効果としては微妙な部分です。

4.全体的な音の大きさはどうか。

ちょうど良ければOKです。うるさかったり、あまり聞こえないのなら、調整が必要です。

5.1日にどれくらい補聴器を使ったのか。

無理の無い範囲で使っていればいいのですが、初めて補聴器を使う方は2時間以下でも構いません。

6.補聴器の効果はあるのか。

一番大事なポイントです。効果があれば、もちろん補聴器を使用する方向で話は進みますが、逆に効果が無ければ貸出は終了となります。効果あるか無いかは、主観的な評価と客観的な評価がありますが、ご自身で判断する部分です。

 

貸出終了の際には以上のポイントをチェックして、担当者にご自身の意思を伝えるようにして下さい。

補聴器の修理期間

暑くなるにつれて増えてきている補聴器の修理ですが、残念ながら対象補聴器がメーカーでの修理期間満了のため修理が出来ないケースがあります。

一般的にその補聴器の修理部品の保有期間は販売終了後5~6年間となっていて、当該期間を経過するとメーカーでの修理は出来ません。

一見大丈夫そうなテグス修理やシェル補修や電池混入なども、内部部品の分解を伴い、また補聴器の経年劣化によりそれまで正常に動いていた部品を損傷する恐れがあるので、修理は出来ません。

通常の補聴器の耐用年数(4~5年)からすれば、修理期間満了の問題はあまり生じませんが、耐用年数以上の長い期間にわたり補聴器を使用した場合、上記問題が発生します。

また、長い期間使用した補聴器の場合、店舗で点検・メンテナンスしただけで突然経年劣化による不具合が出るケースもあります。店で真空乾燥しただけで突然聞こえなくなったとか内部クリーニングしただけで前より聞こえにくくなったとか実際に発生しています。

補聴器は精密器械なので、ある程度はやむを得ない部分もありますが、耐用年数を超えたらそろそろ買い替えを検討すべきだと思います。もちろん使える間は使っていいとは思いますが、故障のリスクは常に考慮して生活することになります。

 

 

茨木市のお客様が増えています。

今年に入りなぜか「茨木市」のお客様が増えています。現在の訪問件数は吹田市とほぼ同じ件数までに増加しています。

大阪補聴器センター吹田店は「吹田市」を拠点に営業していますので、顧客が一番多いのは「吹田市」ですが、次に多いのが「茨木市」です。

自分なりに「なぜ茨木市のお客様が増えているのか。」を分析してみました。

増えた理由として

1.近くだから。

茨木市は吹田市に隣接している市ですので、当然ですが吹田市から近いです。出張訪問を依頼するにしても「近さ」が一つの大事な要素となっていると推測されます。近いと便利なことがやはり出張訪問でもあります。

2.茨木市には補聴器専門店(専業)が少ない。

現状把握している茨木市の補聴器専門店は1店のみです。1店ですと選ぶ側から言えば「選択の余地」がありません。ちなみに吹田市は当店を含めて2店です。また、1店のみですと独占状態になり、ユーザーにとってサービスの質の面での不安があるようです。

3.補聴器兼業店の技術面での不安がある(らしい)

あくまでお客様からのお声ですが、

「眼鏡店で補聴器の相談をすると、高額な器種しか勧めてくれない。高い補聴器しか置いていないみたいです。」

「補聴器の試聴を頼んだら、出来ないと言われた。」

「耳あな型の補聴器を作りたいと依頼したら、耳あな型は作れないと断られた。」

「近所の眼鏡店で補聴器を作った人は、みんな不満を言っていた。」

などの不満のお声が多く聞かれました。

 

以上のことから、当店にとりましては「茨木市」はとても重要な市場となっています。

茨木市で補聴器をお考えの方は、遠慮なく大阪補聴器センター(TEL:06-6836-7213)までご連絡下さい。

 

介護付き有料老人ホームでの補聴器の課題

大阪補聴器センター吹田店は「出張訪問」を専門に行っている補聴器専門店ですので、介護付き有料老人ホームへの訪問も数多く行っています。

しかしながら、介護付き有料老人ホームでの補聴器の使用については、独特の難しさがあります。

課題としては

1.聴覚に問題を抱えているのに「生活において困ることがない」と認識している方が多いこと

が挙げられます。

難聴に気が付いていても、その障害に対して本人様だけではなく家族も「年のせいだからしかたない」という思い込みをしてしまっているケースが多いのが現状です。

次に

2.「煩わしい」「違和感がある」「以前使ったが良くなかった」など補聴器に対して後ろ向きなイメージを抱いていること

が挙げられます。

これは補聴器の購入後のフォローが十分に出来ていなかったり、販売店側の説明不足が原因と考えられます。

また

3.眼や手の問題

も挙げられます。

白内障などで何らかの眼の問題を有する方や糖尿病による抹消神経障害など手の感覚障害をお持ちの方にとっては細かいボリュームの操作や電池の入れ替えなどの細かい作業は非常に難しくなります。

 

これらの課題を解決するには

1.補聴器購入後のフォローをしっかり行う

補聴器店に足を運ぶことが困難な方には、出張訪問でのサービスが必要です。介護付き有料老人ホームの高齢者は車椅子で生活している方も多いので、やはり出張訪問サービスは不可欠です。

2.施設の方や家族との連携を強化する

普段本人様を担当している施設の方に補聴器の正しい情報をわかりやすく提供することが大切です。また、家族の方にも取扱やお手入れでの協力をお願いすることも必要になります。

以上の解決策は補聴販売店・介護施設・家族それぞれの視点で行うべきことがあり、なかなかすんなりと行かない部分もありますが、介護付き有料老人ホームからいつも指名される「出張訪問補聴器専門店」となるべく日々努力したいと思います。

汗や湿気は補聴器の大敵です!

湿気による故障

補聴器は精密機械ですので、汗や湿気で故障をすることがあります。

上のグラフは、某補聴器メーカーの汗・湿気・錆による月ごとの故障率ですが、湿度に比例して発生率が高くなっています。年間の修理件数も7・8・9月に大幅に増加しています。

ですから、汗ばむ季節は補聴器の故障に注意が必要です。

通常修理には1週間程度の納期が必要になりますので、修理期間中は不便な状態になります。もちろん当店では修理中の代替器の用意はしますが、耳あな型補聴器をご使用の方は慣れない耳かけ型補聴器の使用になりご不便をかけてしまいます。また、販売店によっては修理の代替器を用意していない場合もありますので、その場合は1週間は補聴器の無い不自由な生活となってしまいます。

お客様によってはもしもの場合のスペア補聴器を事前に用意して万全な体制の方もいらっしゃいますが、まだまだ故障に対する準備が出来ていない方が殆どです。

そこで第一の修理対策として、補聴器を購入する際に汗・湿気に強い補聴器を購入することをお勧めします。

当店取扱メーカーの中ではジーエヌリサウンドなら耳あな型・耳かけ型全ての器種が汗・湿気に強いので推奨メーカーとなります。

補聴器の内側も外側も水滴を弾く「ナノテックコーティング」(プラズマ処理によってイオン化させたフッ素樹脂を化学結合させ表面を保護するコーティング)を採用し、万一液体が補聴器内部に侵入しても、部品内部には浸透しません。

うっかり補聴器にお茶をこぼしてしまった。

突然の雨で補聴器が濡れてしまった。

補聴器を装用して運動したら汗をかいてしまった。

そんな場合に安心して使える補聴器がこれからの季節に必要になります。