認知症の方の補聴器は充電式を推奨します

補聴器を装用する方で認知症の方がいますが、そのような場合にはどのような補聴器が適合するのでしょうか。

それぞれの事情があるかとは思いますが、一般的には充電式の補聴器を推奨します。

では、なぜ充電式が推奨されるのでしょうか。

以下の理由があるからです。

まず、充電式の補聴器をイメージしてください。

使わないときに補聴器をセットして充電します。寝ている間に充電すれば、終日補聴器が電源が切れずに使用できます。

ですので、使用途中で電源が切れるリスクがありません。

また、補聴器を充電器にセットすれば、自動で電源が切れますし、充電器から取り出せば、自動で電源が入ります。

ですので、使用するのがとても簡単です。

面倒な電源の入り切りや空気電池の交換は必要ありません。

細かく言えば、空気電池を購入する手間や電池の管理の必要もありません。

また、誤って空気電池を誤飲するリスクもありません。

以上の理由から認知症の方には充電式補聴器を推奨しています。

特に介護施設にお住いの方でしたら、仮に本人様での補聴器の脱着が難しいケースでも、施設の職員の方の協力があれば補聴器を使用いただけます。

本当に使用できるかどうかは、実際に充電式補聴器で使用体験してみてください。

難聴になると認知症になるのですか?

最近よくいただく質問に、「難聴になると認知症になるのですか?」があります。

結論から言えば、「難聴になることで認知症になるのではなく、認知症発症のリスクが高くなる。」と言えます。

では、難聴はなぜ認知症に大きな関りがあるのでしょうか。

まず、難聴はただ聞こえにくいだけではありません。

難聴により、人は会話を億劫に感じ、徐々に外出が減り、ひきこもりがちになってきます。

すると、脳への刺激が減り、徐々に認知機能が低下してきます。

また、難聴の程度によって認知症の発症リスクが高くなります。

一般的に、軽度難聴の人は、健聴の人に比べて認知症の発症リスクが2倍、高度難聴になると5倍と言われています。

上記のことから、難聴は認知症の最大の危険因子と言われています。

ですので、認知症予防の最大のカギは「きこえ」にあるのです。

補聴器は、耳の脳の関係を良好にし、生活の質の向上を提供する医療機器です。気になる方はお早目の相談をお勧めします。

お問い合わせ

難聴になると認知症になるの?

「難聴になると認知症になるの?」

よく聞かれる質問です。

ある程度以上の高齢者になると、認知症のことは確かに気になります。

GNヒアリングジャパン株式会社が「みんなで知ろう! 認知症と難聴」というパンフレットを出しています。

内容を一部引用して説明したいと思います。

まず、厚生労働省は2015年認知症対策の強化をはかるため「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」を策定しました。

そのなかで難聴は、加齢、高血圧、糖尿病などとともに認知症の危険因子とされています。

こちらのデータによれば、難聴は認知症の最大の危険因子となっています。また、難聴は予防可能な危険因子で最大となっていますので、しっかり対応すれば認知症のリスク軽減につながると思われます。

では、なぜ「難聴」危険因子なのでしょうか?

まず、「難聴」はただ「聞こえにくい」だけではありません。

人によっては会話を億劫に感じ、徐々に外出が減り、ひきこもりがちになります。

すると脳への刺激が減り、認知機能の低下につながります。

では、難聴の程度による差はあるのでしょうか?

難聴による認知症発症への影響を約10 年間追跡した調査があります。

これによると軽度難聴の人は、聴力が正常な人に比べて認知症発症リスクが約2 倍、高度難聴になると約5 倍であることがわかりました。

以上のことから、認知症予防の最大のカギは「聴こえ」にあると言えます。

実際に、難聴の人を対象にしたフランスの研究※では、補聴器を装用した人は、装用しなかった人と比較して認知機能の低下を抑制できたと報告されています。 ※米国老年医学会雑誌 vol.63(10), 2015

補聴器を装用することで、生活の質の向上が実現できるといいとは思います。

既に認知症ですが、補聴器は使えますか?

最近の傾向として、既に認知症になった方への補聴器についてのお問い合わせが増えています。

勿論、認知症の程度や聴力の内容によって適合するしないはあります。

まず言えるのは、国立長寿医療研究センターで行われた「認知機能障害のある難聴高齢者に対する補聴器適合」によると、補聴器の装用により「会話や笑顔が増えた」「テレビに相槌をうちながら見るようになった」「カラオケを歌うようになった」「(怒鳴り声で話さなくてすむので)喧嘩が減った」「(昼間うとうとすることが減ったために)夜間不穏が減った」「耳鳴・幻聴が減った」など効果が報告されています。

しかし、認知症の方が補聴器を毎日安定して使用するためには、家族による着脱補助や電池の確認といったサポートの必要性があります。

電池の確認に関しましては、最近は充電式補聴器を使用することで装用途中での電池切れは防ぐことが出来ますし、空気電池を早めに交換することで防ぐことも出来ます。

脱着につきましては、家族や施設の職員によるサポートはやはり必要です。

また、メンテナンス面では耳あな型補聴器よりは耳かけ型補聴器をお勧めします。

いずれにしましても、まずは個別に相談されることをお勧めします。

難聴と認知症は関係があるのですか?

よくご家族からいただく質問ですが、

「難聴と認知症は関係があるのですか?」

と聞かれます。

 

おおまかにお答えすれば、

「難聴になると認知症のリスクが高くなります。」

と言えます。

 

まず、難聴になると、周囲からの情報量が絶対的に減少します。

その結果、他人の言っていることが良く聞き取れなくなり、会話が上手く成立しない、という経験を繰り返すようになります。

そして段々と社会との関りを避けるようになり、社会との交流が無くなっていきます。

これにより、精神的健康にも影響が表れ、認知機能の低下をもたらすことがあります。

 

参考のイメージ

聴覚障害の影響

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、難聴になると直ぐに認知症になる訳ではなく、難聴によりコミュニケーションが少なくなったり社会との関りが減ったりすることで認知機能に影響が出る可能性があると言うことです。

では、難聴になり補聴器を使うとどうなるのでしょうか?

イメージとしては、

補聴器で脳に音が十分に届くことで、コミュニケーションが活発化してきます。

そして、情動(楽しい・嬉しい・悲しい・怒りなど)が活発化することで、社会への参加意欲が高まり、心理的な安心感を獲得します。

そして、活き活きとした毎日へと繋がります。

 

活き活きとした毎日をぜひ実現して欲しいと店主はいつも取り組んでいますので、気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

認知症ですが、補聴器は使えますか?

ご家族様から、よく

「本人が認知症ですが、補聴器は使えますか?」

とのご質問をいただきます。

お電話やメールでのお問い合わせの場合、本人様の認知症の程度やどこまで自分で出来るのかが不明なので、

回答としては

「状況により使える場合と使えない場合がある。」

となります。

では、どんな場合でしたら使えるのでしょうか?

最近あったケースでは、

1.今まで補聴器を使用していて使用中の補聴器が故障し、新しく購入の場合

基本的な補聴器の操作が出来るので大丈夫でした。

但し、介護施設に入所の方でしたので、電池交換や電源の入り切りが不要な充電式補聴器にしました。充電器にセットすれば電源が切れて、取り出せば電源が入る充電式補聴器は好評です。

2.補聴器が初めてで、介護施設に入所中の場合

食事やトイレも自分では出来ない方で、自分での補聴器の脱着も出来なく無理でした。

3.補聴器が初めてだが、家族と同居の方

ご家族の方が全面的に協力いただけたので、補聴器のご自身での取り扱いは難しい状態でしたが使えるようになりました。

などがありました。

以上のように大雑把に言えば、

1.今まで補聴器を使っていた方は大丈夫な場合が多い。

2.家族や介護施設の協力があれば、大丈夫な場合が多い。

3.自分での取り扱いが全くできないと難しい。

との傾向があります。

しかしながら、ケースバイケースな部分もあるので、まずはご相談いただいて実際に試してみてはいかがでしょうか。

認知症パンフレット

認知症に補聴器装用は有効なのか?

最近は補聴器メーカーや販売店で認知症に関する補聴器の有用性について告知しているので、よく「認知症に補聴器は効果があるの?」とか「認知症だけど補聴器は使えるの?」などのお問い合わせをよくいただきます。

まず、第一に申し上げたいのは、「認知症の方の補聴器装用には家族や介護職員のサポートが必要」です。

補聴器を正しく使用するには、適切なメンテナンスとお手入れが必要です。

認知症の方の場合、

「電池が切れているのに、そのまま装用している。」

「耳栓や補聴器が上手く挿入されていない。」

「耳垢で補聴器の音孔が詰まっているのに、気がつかない。」

などの問題があることが多いのですが、家族や介護職員の方が毎日装用確認や電池確認をしていると安定して補聴器を使用いただけます。

国立長寿医療研究センターでの認知症と補聴器装用の関連性についての研究結果によりますと、認知症で補聴器を毎日数時間以上安定して装用できた方の場合、

「会話や笑顔が増えた」

「テレビに相槌をうちながら見るようになった」

「カラオケを歌うようになった」

「喧嘩が減った」

「夜間不穏が減った」

「耳鳴り・幻聴が減った」

などの効果がありました。

また、難聴は認知症発症の危険因子の一つでもありますから、補聴器の装用で難聴を補うことで認知症の発症を抑制する効果も考えられます。

以上のことから、家族や介護職員のサポートが十分に受けられる場合でしたら、認知症でも補聴器は使えますし、効果もありますと言えるでしょう。

 

認知症と難聴の関係が明らかになりました

厚生労働省の発表(2015年1月)によりますと

難聴になると認知症のリスクが高くなる

そうです。

現在の日本の認知症患者は約462万人(2012年時点)で、高齢者の4人に一人が認知症もしくはその予備軍と言われています。これが、2025年の見込みではなんと患者数は700万人を越えるそうです。

では、なぜ難聴になると認知症のリスクは高くなるのでしょうか?

まず、人間の聴力は30歳くらいから徐々に低下し、60代からは聴覚の老化がさらに進むと言われています。

しかし、加齢による聴覚の老化は徐々に進行する為、本人も気付かないまま対応が遅れることが多いのが現状です。

また、難聴は周囲から分かりにくい障害なので、周りの方から理解されにくいこともあります。

「テレビの音が大きいから、一緒にテレビを見ない。」

「話しかけても返事が無いので、余計な話はしない。」

「同じ事を繰り返し尋ねられて、うっとおしい。」

などと、難聴に対する理解が無いことで、人間関係が徐々に悪化してきます。

また、本人も聴力が衰えることで、次第に会話が困難になってきます。

何度も聞き返したり、聞き間違えたり、気がつかなかったりすることが続くと、次第に自信が無くなり、何事に対しても後ろ向きで消極的になってきます。また、必要以上に脳に余分な負担がかかり、脳にダメージを与えるケースもでてきます。

耳で聞いて理解することが大きな負担になると、家族や友人との交流が次第に無くなり、精神的に低迷して、認知症に繋がっていくリスクが高くなります。

ですから、認知症になる前にぜひ補聴器の早期装用を検討してみて下さい。

 

孤独な高齢者は認知症になるリスクが高い

新聞報道に因りますと、「同居人以外との交流が週1回未満の高齢者は、要介護や認知症になるリスクが、毎日頻繁に交流している人に比べて約1.4倍高くなる」そうです。

また、「交流が月1回未満の高齢者の場合は、早期に死亡するリスクが1.34倍に高まる」そうです。

以上のことから言えるのは、高齢者は他者との交流が少ないと健康に影響を及ぼすことです。

これを、難聴にからめて説明すると、

まず、聴力が衰えると、次第に会話困難になってきます。

次に、聞き間違える頻度が増えたり、何度も聞き返すことを繰り返しているうちに、次第に自信を無くし、後ろ向きな考えや生き方になってきます。

耳で聞いて理解することが大きな負担になると、家族や友人との交流が少なくなり、精神が低迷し、認知症につながるリスクが高くなります。

ですから、聞こえに不安を感じたら、出来るだけ早く対処することをおすすめします。

 

聞こえのチェックはこちらを参照下さい。

 

シーメンス補聴器聞こえのチェック

 

難聴と認知症

「聞こえにくいと認知症になるのですか?」とよくご質問を頂きます。明確な回答は専門の医師がすべき領域なので、補聴器販売店では回答に困るケースも多いのです。

最近のアメリカでの研究によりますと、以下のことが判明したそうです。

まず、難聴を抱える高齢者は、聴力を維持している高齢者よりも徐々に認知症を発症する確率が大幅に高くなっています。フランク・R・リン医学博士の研究によると、難聴の程度が重くなればなるほど、認知症の発症率も高くなり、精神機能の低下もより急激となるそうです。また、軽度の難聴であっても認知障害を発症する確率は高くなります。この原因として、聴力の低下により脳内の灰白質の萎縮が進み、会話を理解する為に聞き取りにかなりの集中が必要になり、脳に余分な負担をかけていることが挙げられます。臨床結果によると難聴の方は毎年脳が1立方センチづつ失われ、会話や音を処理する領域の組織が大きく萎縮していきました。萎縮は大脳の中側頭回と下側頭回に影響し、脳の記憶や感覚間統合に大きな影響を与えます。

難聴は早期に発見し早く治療や補聴器使用を開始するほど、聞き取りが維持されやすい事実があるにも拘わらず、難聴を抱える方が診断されてなんらかの対策を行うまで平均で7年もかかっています。

つまり補聴器の使用は、聞こえの改善のみならず脳の萎縮や認知機能障害の予防につながる可能性があります。

脳を守る意味でも早期装用を考えてみてはいかがでしょうか。