AIが補聴器を調整する時代になりました!

通常補聴器の調整は補聴器販売店で対面で行います。

お客様の要望に応じて補聴器販売員が調整をするのですが、自分自身である程度調整してみたいとの要望もあります。

特に若い世代の補聴器ユーザーに提案するのはシグニア補聴器のアプリの中にある「シグニアアシスタント」の利用です。シグニアアシスタントはあなたの補聴器と連携する世界初のAI補聴器使用支援ツールです。シグニア補聴器のスマートフォンアプリ、シグニア アプリに搭載されています。チャットアプリのように、シグニアアシスタントの質問に答えていくだけで補聴器を調節できます。

このシグニアアシスタントは、世界中にユーザーがいます。世界中でどのような変更が行われたか、その結果がどうだったかというデータを蓄積し、分析し、より良い提案ができるように常に情報がアップグレードされています。また、オンラインで使用するツールなので、いつでも一番新しい情報にアクセスして、最適な提案をします。

もちろんプライバシーはしっかり確保されています。シグニア補聴器はユーザーの個人情報を追跡することは一切できません。システム全体が100%匿名化されており、個々のデータは収集されず、個人が特定できない状態のビッグデータのみが収集・分析されますのでご安心ください。

まずイメージ動画です。

まず必要なのはシグニア補聴器のBluetooth機能を搭載したシグニア IX・エーエックス・エクスペリエンスシリーズの補聴器です。

また、シグニア補聴器とシグニアアプリをペアリングします。補聴器とペアリングできたら、もうあとはシグニアアシスタントを開くだけです。

これだけで利用できます。

例えば、周囲の話し声が大きすぎる場合は、解決したい問題「周りの人の声」を選んで、さらに「小さい」を選んでいくことで、自分好みの音に変更することができます。調節された音がお気に入りであれば、そのままキープ、気に入らない場合はさっきまでの音に戻すことも可能です。

シグニアアシスタントでは以下のことができます。

  • ユーザーが自分で補聴器をコントロールできると感じられ、年中無休でサポートが得られるとの安心感を得られます
  • 補聴器ユーザーのニーズに一層正確に対応することで、顧客満足度を高めます
  • ユーザーの使用環境や好みを理解できるので、アフターフォロー対応の質を高めます
  • 顧客が自身の聞こえをパーソナライズする方法を把握できるため、簡単に微調整が行えます
  • ユーザーが自身で調節できることにより、訪問回数を適正化することができます

補聴器の調整のイメージが変わってきましたね。

興味のある方は是非シグニア補聴器をレンタルして、日常生活の様々な場面で補聴器がどのように役立つか、シグニアアシスタントでどのような調節ができるのか、ぜひ体験してみてください。

Chat GPTに補聴器の相談をするとどうなるか?

最近流行のChat GPT(OpenAI2022年11月に公開した人工知能チャットボット)に補聴器のことを相談するとどう回答するのでしょうか?

以下の内容で試してみました。

「補聴器メーカーはどこがいいですか?」

回答

「補聴器メーカーの選択は、個人の要求や好み、お住まいの地域によって異なる場合があります。以下にいくつかの一般的に評価の高い補聴器メーカーを挙げますが、最適なメーカーを選ぶ際には、専門家の助言や詳細な調査を行うことをおすすめします。

  1. オーティコン(Oticon):デンマークに本社を置く補聴器メーカーで、革新的なテクノロジーと優れた音質が特徴です。
  2. フィリップス(Philips):多岐にわたるヘルスケア製品を提供する企業で、補聴器の分野でも高品質な製品を提供しています。
  3. シーメンス(Siemens):ドイツのメーカーで、幅広い補聴器製品を展開しています。特に信頼性と耐久性に優れた製品が評価されています。
  4. ワイドックス(Widex):デンマーク発祥のメーカーで、自然な音響体験を重視した補聴器を提供しています。
  5. スターツ(Starkey):アメリカの補聴器メーカーで、最新のデジタル技術を組み込んだ製品が特徴です。また、補聴器のカスタマイズや個別設定にも力を入れています。

これらのメーカーは、市場でよく知られており、補聴器の技術革新や品質において高い評価を得ています。しかし、個人の要件や予算に合わせた選択をするためには、専門家のアドバイスや試着、製品の比較などを行うことが重要です。」

大筋ではいい回答だと思います。

但し、情報が古かったり、日本語の間違いがあったりしてます。

また質問の仕方によっては回答が異なるかもしれません。

ですので、やはり参考程度にChatGPTを利用して、最終的には補聴器専門家のアドバイスから判断するのがベストだと思います。

2024年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : , | 投稿者 : 玉腰