音声増幅 Android デバイスでライブリスニングの使い方  

Google では、聴覚障害のある方々を支援する機能を Android に搭載しています。

今回店主が注目しているのは、Android デバイスでライブリスニングが使えるGoogle Play のアプリ「音声増幅」です。

まず、音声増幅とは、Android デバイスのヘッドフォンからの音声を増幅させ、ノイズを除去して聞き取りやすくするサービスのことです。

Android デバイスでライブリスニング音声増幅を使用すると、周囲の状況に合わせて音声が増幅され、ノイズが除去されます。

使い方は簡単です。Android スマートフォンとヘッドフォンのみが必要で、音声増幅をオンにするには次の手順に従います。

  1. デバイスの設定アプリを開きます。
  2. [ユーザー補助]、[音声増幅]、[音声増幅を開く] をタップします。
  3. 有線ヘッドフォンまたはワイヤレスヘッドフォンをデバイスに接続します。

ですので、Bluetooth のワイヤレスイヤホンを接続し、スマホをテレビや講演者などの音源に近づけることで、音声をより明瞭に聞くことができます。

音声増幅の設定を変更する方法

周囲の状況に合わせてノイズ リダクションとブーストのレベルを変更できます。

  1. デバイスで音声増幅を開きます。
  2. [スマートフォンのマイク] をタップします。
  3. 設定を次のように調整します。
    • 不要な音を軽減する: 周囲の雑音を低減するには、[ノイズ リダクション] スライダーをドラッグします。この設定はスマートフォンのマイクにのみ適用され、スマートフォンのメディアには適用されません。
    • 小さい音を大きくする: 低い話し声などの小さい音を大きくするには、[小さい音の増幅] スライダーを右にドラッグします。
    • 低周波数や高周波数の音を大きくする: 鳥の鳴き声などの高周波数の音を大きくするには、スライダーを右にドラッグします。太い音声などの低周波数の音を大きくするには、スライダーを左にドラッグします。
    • 左右の耳を個別に調整する: 左右の耳に音と周波数の設定を個別に適用するには、[左右の耳を個別に調整] をタップします。Bluetooth ヘッドフォンの場合、この設定はスマートフォンのメディアにのみ適用され、スマートフォンのマイクには適用されません。

補聴器では、ワイヤレス機能が付いた補聴器で使えた機能がスマホとワイヤレスイヤホンで体験できますので、とても便利な機能だと思います。

音声増幅により、音声が明瞭になり、聞き取りやすくなることを体験したうえで、補聴器の装用を検討してみるのもいいかとは思います。

但し、音声増幅ですと、細かく聴力に合わせた増幅ではありませんので長時間の使用はおすすめできません。

ちなみにAndroidスマホと相性のいい補聴器はフォナック補聴器です。

Androidスマホと補聴器がBluetoothで直接つながるのでハンズフリーで通話が出来ます。

また、マイフォナックアプリを利用すればスマホが補聴器のリモコンとして使えますのでとても便利です。

大阪補聴器センター吹田店ではフォナック補聴器の試聴も出来ますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

フォナック補聴器はAndroidスマホでハンズフリー通話が出来ます!

最近ではスマホでの通話がハンズフリーでできる補聴器が増えてきました。

しかし、iPhoneでしたら問題なく接続できるのですが、Androidスマホの場合ですと接続できる機種とそうでない機種があります。

実機で試してみて接続できればいいのですが、そうでない場合はスマホを買い替えるかハンズフリー通話をあきらめるかの選択となります。

Androidスマホユーザーで確実にハンズフリー通話をしたい方の場合は、どのメーカーの補聴器がお勧めでしょうか?

勿論ハンズフリー通話以外の本来の補聴器の聴こえも考慮すべきですが、単純に回答すれば、「フォナック(PHONAK)」をお勧めします。

フォナックのルミティ・パラダイス・マーベルシリーズの補聴器でしたら、スマートフォン、パソコン 、タブレット端末はもちろん、Bluetoothが搭載されたさまざまな機器とワイヤレスでつなぐことが可能です。

加えて、iOS と Androidの両方に対応しているのであらゆる携帯電話ともつなげることができ、ハンズフリーで会話ができるほか、補聴器を通した音楽鑑賞や動画視聴もスムーズに行えます。

ハンズフリー通話

電話をかけるときは、スマホで電話をかければ自動で音声がスマホに届きます。

電話を受けるときは、補聴器の多機能ボタンを押せば電話に出て通話できます。

電話を切るときは、補聴器の多機能ボタンの長押しかスマホで通話を終了すればOKです。

とても簡単ですね。

さらに、ルミティシリーズなら、ハンズフリー通話を行う際に、通話相手にとって声が聞きやすくなるというメリットもあります。

パラダイスシリーズの場合、通話周波数帯が~4.5kHzまででしたが、ルミティシリーズの場合は~6.5kHzまで拡大するため、通話相手にとって声が聞きやすくなります。

補聴器とスマホのペアリングにつきましては、きこえのブログ記事を参照下さい。

補聴器とスマホのBluetooth接続

大阪補聴器センターでは実際にデモ器で試すことも出来ますので、お問い合わせください。

お問い合わせ