Androidスマホでハンズフリー通話できる補聴器は?

最近ではスマホでの通話がハンズフリーでできる補聴器が増えてきました。

しかし、iPhoneでしたら問題なく接続できるのですが、Androidスマホの場合ですと接続できる機種とそうでない機種があります。

実機で試してみて接続できればいいのですが、そうでない場合はスマホを買い替えるかハンズフリー通話をあきらめるかの選択となります。

Androidスマホユーザーで確実にハンズフリー通話をしたい方の場合は、どのメーカーの補聴器がお勧めでしょうか?

勿論ハンズフリー通話以外の本来の補聴器の聴こえも考慮すべきですが、単純に回答すれば、「フォナック(PHONAK)」をお勧めします。

フォナックのパラダイス・マーベルシリーズの補聴器でしたら、Bluetooth対応のほぼ全ての携帯電話とつながります!

また、スマホからストリーミングして音楽を楽しむことも出来ます。

電話をかけるときは、スマホで電話をかければ自動で音声がスマホに届きます。

電話を受けるときは、補聴器の多機能ボタンを押せば電話に出て通話できます。

電話を切るときは、補聴器の多機能ボタンの長押しかスマホで通話を終了すればOKです。

とても簡単ですね。

補聴器とスマホのペアリングにつきましては、メーカーのマニュアルを参照下さい。

Androidスマホとのペアリング(フォナック補聴器)

Androidスマホとワイヤレスイヤホンで補聴器に?

Google では、聴覚障害のある方々を支援する機能を Android に搭載しています。今回店主が注目しているのは、音声増幅です。

まず、音声増幅とは、Android デバイスのヘッドフォンからの音声を増幅させ、ノイズを除去して聞き取りやすくするサービスのことです。

Android デバイスで音声増幅を使用すると、周囲の状況に合わせて音声が増幅され、ノイズが除去されます。

音声増幅を使い始めるには、従来は有線ヘッドフォンのみの対応でしたが、今回新たにワイヤレスイヤホンも対象になりました。

ですので、Bluetooth のワイヤレスイヤホンを接続し、スマホをテレビや講演者などの音源に近づけることで、音声をより明瞭に聞くことができます。

補聴器では、ワイヤレス機能が付いた補聴器で使えた機能がスマホとワイヤレスイヤホンで体験できますので、とても便利な機能だと思います。

音声増幅により、音声が明瞭になり、聞き取りやすくなることを体験したうえで、補聴器の装用を検討してみるのもいいかとは思います。

Android対応スマート補聴器登場

先日「リサウンド・リンクス クアトロ」の耳あな型補聴器がAndroidスマホに直接つながる記事を掲載しましたが、新たな情報として以下の内容をお知らせします。

まず、

GN ヒアリングは、Google 社と共同開発を行い、「Bluetooth Smart」という新技術を採用することにより、これまで の伝統的なBluetooth(クラシックBluetooth)と比較して消費電力を最小限に抑えながら、通信速度はより早くす
ることを可能にしました。

この新技術の実現により、ユーザーは自分のAndroid 端末から自分の補聴器に直接オーディオをストリーミングするために、 中継器を使用する必要がなくなります。(今までは、携帯ユナイトⅡがこの中継器に該当します。)

但し、現時点では対応しているスマホは限定されていて、Android10 以降を搭載したGoogle Pixel 3、 Pixel 3 XL、 Pixel 3a、 Pixel 3a XLのみとなります。

いずれにしても、これから対応スマホは増えてきますし、リサウンド・リンクス クアトロなら全てのスマホが対応してきそうですね。

リサウンド・リンクス クアトロに耳あな型が登場

現在好評をいただいているリサウンド・リンクス クアトロシリーズに2019年8月29日から耳あな型補聴器が発売されます。

勿論、超快適耳あな型のリサウンド・ダブルエア クアトロも同時発売されます。

今回の「リサウンド・リンクス クアトロ 耳あな型」の特徴は以下の通りです。

1.CICにもワイヤレス機能が搭載

今までですと、CICタイプにするとワイヤレス機能が無く、ダイレクトストリーミングも出来ないのが常識でした。確かに、CICタイプは小型なのでスペースや技術の問題はありました。

ちなみに、CICタイプはこのような形状です。

今回のCICにもワイヤレスの機能は、現時点ではメーカー説明では世界初とのことです。

見えない補聴器でスマホとのダイレクト接続は魅力的ですね。

2.Androidスマホにも直接つながる

従来ですと、リサウンド補聴器の場合はiPhoneのみがダイレクトストリーミング出来ましたが、今回は遂にAndroidスマホもダイレクトストリーミング出来ます!

気になる価格ですが、以下の通りです。

9クラス 片耳 520,000円 両耳 936,000円

7クラス 片耳 340,000円 両耳 612,000円

5クラス 片耳 230,000円 両耳 414,000円

となります。

今まで、

CICタイプ希望だが、ワイヤレス機能も欲しい。

スマホがAndroidなので、ダイレクトストリーミング出来できる補聴器が欲しい。

と、お考えの方にはお勧めですね。

Androidスマホと補聴器が直接つながるには

現在のところ、iPhoneであれば補聴器と直接つながる器種は増えてきていますが、残念ながらAndroidスマホの場合は直接つながりません。

Androidスマホの場合は、中継器などの使用で補聴器から直接通話音声や音楽を聞くことは可能ですが、

「いちいち中継器も持ち歩くのは面倒!」

「音声が安定しない!」

などのお声はありました。

 

そこで、今回「Googleが Bluetooth対応 補聴器のために G.722 コーデックのサポートを Android に実装しようとしている」とのニュースが飛び込んできました。

まず、「G.722 」とは高品質なデジタル音声通話を提供する広帯域音声コーデックで、Bluetooth対応 補聴器の他にも、普通のヘッドセットや IP 電話、デジタル電話機などでも使われています。

また、今回の情報では G.722 コーデックのサポートだけではなく、Bluetooth 対応補聴器のためのプロファイルの開発にも取り組んでいるそうです。

噂では実際にサポートするは Android P になるとのことです。

 

もし、これらが実現されれば、Androidスマホでも補聴器に直接つながることが出来ます!

ぜひ一日でも早く実現されるといいですね。