車を運転する方にはフォナック オーデオ マーベルがお勧めです

2019年12月1日に改正道路交通法が施行されます。

運転中のスマートフォンや携帯電話の使用をはじめとした違反行為に対して、従来より厳しい罰則が適応されるのですが、今回改正される道路交通法では、携帯電話使用等に対して、罰則の強化および違反点数の引き上げがおこなわれます。

携帯電話の使用等により、道路における交通の危険を生じさせた場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[交通の危険])の罰則では、改正前の罰則は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金だったものが、改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。

 改正後は反則金の適用はなくなり、刑事罰の適用がなされるほか、違反点数が2点から6点に引き上げられるため、免許の停止処分の対象となります。

スマホや携帯電話などでの通話や、スマホやカーナビゲーションなどの画面を注視する行為をおこなった場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[保持])では、罰則が改正前の5万円以下の罰金から、改正後は6か月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

 反則金は、改正前の【大型:7000円】【普通:6000円】【2輪:6000円】【原付:5000円】から、改正後は【大型:2万5000円】【普通:1万8000円】【2輪:1万5000円】【原付:1万2000円】と大きく引き上げられ、違反点数も1点から3点に変更となっています。

運転中のスマートフォンや携帯電話の使用は重大な交通事故につながり得る危険な行為であるのですが、ついつい電話がかかってくると出てしまうのが人情です。

最近では、スマートフォンと繋がる補聴器も増えてはきましたが、相手の声は補聴器で直接聞こえますが、自分の声はスマートフォンのマイクを使用して拾うシステムなので、結局はスマホを手に持って通話するので運転中は危険です。

しかし、フォナックのオーデオ マーベルでしたら、ハンズフリー通話が出来ます!

しかも、iPhoneやアンドロイドスマホなどあらゆるBluetooth対応の携帯電話に繋がります!

イメージ動画です。

確かにスマホを持たずに通話できるのはとても便利ですね。

電池式は3タイプあります。

便利な充電式もあります。

以上のことから、特にお仕事で車での移動が多い方には、フォナック オーデオ マーベルをお勧めします。

新製品 Pure 13 BT

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「Pure 13 BT」が今月26日に発売となります。

店主が注目したポイントをまとめてみたいと思います。

 

まず、形状と価格です。

Pure 13 BT

 

形状はRICタイプの耳かけ型になります。使用する電池は13タイプですので大きさはカラット(Carat)シリーズくらいです。

価格は

プレミアムクラス 7px が片耳50万円

アドバンスクラス 5px が片耳35万円

スタンダードクラス3px が片耳26万円

となります。(両耳の場合は100万円・70万円・52万円)

 

1.テレビ用補聴器

別売りのストリームラインTV(価格 30,240円)を使用することで、テレビの音声をダイレクトに聞くことが出来ます。詳しくは、当ブログの「ストリームラインTVはテレビを聞こえやすくします」の記事を参照ください。

2.iPhoneとのダイレクト通信

iPhoneユーザーには朗報です。遂にシーメンス・シグニア補聴器でもダイレクト通信が出来るようになりました。電話・音楽・動画・ラジオアプリ・ライブリスニング機能などでダイレクトに聞けます!

また、iPhone内のモーションセンサーで環境認識が出来ますから、環境に応じた自動調整の精度が格段に良くなりました。

3.新型ドーム耳栓

補聴器の画像にもありますが、耳栓に新型が登場しました。新型素材で柔らかに耳あなにフィットしますのでより快適に使用できるようになりました。

以上が注目ポイントになります。

 

お勧めの方は

テレビが聞こえにくく困っている

補聴器をワイヤレスイヤホンとしても使いたい(iPhoneユーザー限定)

とお考えの方になります。

 

 

 

 

 

補聴器ユーザーのスマホはiPhoneをお勧めします!

今では生活に欠かせない機器となったスマホですが、補聴器ユーザーにとってはiPhoneかアンドロイドスマホどちらが便利でしょうか。

まず言える事は、アンドロイドスマホはメーカーや機種があまりに多いので、機種に合わせた独自の仕様を補聴器に加えることが出来なく、補聴器と直結して使うことが難しいです。ですので、途中に中継器を使用して補聴器と繋がる仕様となります。

また、アンドロイドスマホ独自の問題として、メーカー毎に独自のOS仕様変更がありますので、ますます仕様を合わせていくことが難しいです。

それに対し、iPhoneはメーカーはアップルのみですので、Made for iPhoneの補聴器の開発は可能です。

ジーエヌリサウンドをはじめスターキー・オーティコンの3社が現在Made for iPhoneの補聴器を発売しています。

世界6大メーカーのうち3社がMade for iPhoneの補聴器を発売していますので、いずれは全てのメーカーでMade for iPhoneの補聴器が発売されることでしょう。

そう考えますと、これからスマホを買い替える場合にiPhoneにされるほうが有利です。

ダイレクト通信やアプリのフル活用を望むのでしたら、断然iPhoneをお勧めします。

参考までに今月発売のオーティコンの新製品のイメージ動画をご覧下さい。

 

 

バイナックスとリサウンド・リンクスのどちらがいいのか

ジーエヌリサウンドの新製品「リサウンド・リンクス」とシーメンスの新製品「バイナックス」はどちらがいいのかと言う質問をいただきました。同じような時期に発売された両社の製品ですが、それぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらがいいのか判断が難しいと思われます。そこで、ケースごとにメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

1.使用中のスマートフォン

現在iPhoneを使用の方は、「リサウンド・リンクス」がお勧めです。補聴器から直接会話や音楽が聞こえます。アンドロイドの場合は「バイナックス」のみが対応しています。但し、「バイナックス」はスマホをリモコン代わりに使用するのみの機能になります。

2.GPSで補聴器を捜す

「リサウンド・リンクス」でしたら、万一なくしたときにスマホのGPSで探す機能があります。また、頻繁に行く場所と聞こえの設定をメモリで登録できます。

3.紛失保証

「リサウンド・リンクス」は2年または1年の紛失・破損保証がありますので、万一の場合でも安心です。

4.タイプと使用する電池

「バイナックス」はRICタイプのみですが、電池の大きさで3種類選択できます。「リサウンド・リンクス」はRICタイプ1機種と耳かけ型2機種となります。

5.指向性での機能

「バイナックス」では、横への指向性やマニュアル指向性・ビーム指向性などの機能により聞き取りの面ではより高機能となりました。

6.風の音

「バイナックス 7bx」には風の弱い側の音声を風の強い側にコピーして聞く機能があります。風の強い日の会話はかなり聞こえやすくなりました。

7.防水・防塵機能

「バイナックス」はIP67防水・防塵機能とナノコートが搭載されています。「リサウンド・リンクス」はナノコートのみになります。

 

以上のことからそれぞれいい部分と悪い部分がありますので、それぞれの事情で何を重視するのか考えたうえで選択するのがいいのではないでしょうか。

リサウンド・スマートアプリがアップデートされました。

リサウンド・リンクス

リサウンド・リンクスをご使用のお客様におかれましては、既にiPhone上でのリサウンド・スマートアプリの更新を完了されているかと思います。

今回、アップデートにより、新たな機能が追加されました。

例えば

・音量バーを一番下までスライドさせるとミュート(消音)になります。

・マップの表示に航空写真モードが加わりました。

・メモリ登録したエリアに入ると自動的にその設定に切り替わるようになりました。

・メモリ登録した設定を「今すぐ使用」ボタンでどこでも反映させることが出来るようになりました。

の機能が加わりました。

このように「リサウンド・リンクス」は常に進化する「スマート補聴器」です。販売店に行かなくてもアプリは更新できます。また、ある程度は自分で補聴器の調整も可能です。

また、リサウンド・リンクスをご使用でない補聴器ユーザー様もリサウンド・スマートアプリのダウンロードをお勧めします。デモ画面で補聴器の基本的な使い方・お手入れ・トラブルシューティングなど参考になる情報も掲載されています。

リサウンド・スマートアプリはこれから色々な新しい機能を出してくると思います。ユーザーからこんな機能があれば便利などのお声があればメーカーにフィードバックして開発してもらえればより素晴らしい補聴器になりそうですね。