なぜロジャーが補聴器の限界を解決するのか

まず、補聴器は、聞き手の1.5m以内に話し手がいる場合で、且つ騒音が一定レベル以下であれば、最も威力を発揮します。

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染予防を目指す新しい生活様式では、ソーシャル・ディスタンスが求められ、話し手との距離が1.5m以上必要になるケースが増えてきました。

また、騒音が多い環境や複数の話し手がいる場合などに、補聴器だけでのきこえに限界を感じる方も多いかと思います。

実際、補聴器ユーザーの31%の人がきこえの限界を感じているとのデータもあります。

そんな補聴器の限界を解決したい方におすすめなのがフォナック補聴器のロジャー(roger)です。

まず、ロジャーとは、騒音化や離れた距離の言葉、グループでの会話の理解を改善するために話し手の声を直接聞き手の補聴器にロジャー受信機を通してワイヤレスで届けるデジタル適応型マイクロホン技術です。

このロジャーを使うことで、

大きな騒音化でのグループの会話が、補聴器だけを使用している場合と比較して、言葉の理解が最大61%改善した。

ロジャーユーザーの90%が知人や家族にロジャーを推薦している。

などのお声があります。

また、フォナック補聴器のフォナック マーベルシリーズであれば、ロジャー受信機の機能がインストールされているので、

従来のロジャーに比べて

・補聴器のサイズが小さくなる

・省電力で長電池寿命

・より遠くの人の声をが届く

などのメリットがあります。

では、具体的にロジャーマイクロホンはどのような器種があるのでしょうか。代表的な2器種は以下の通りです。

ロジャーセレクト iN


会議などで便利です。マルチビームテクノロジーで集音する方向が自動で切り替わるので聞きたい言葉に集中してくれます。

ロジャーペン iN

外出に便利です。オートマチック機能で周囲の雑音レベルを検知して自動で音量を調節してくれます。

補聴器だけではどうも…

と言う方は、補聴器にロジャーをプラスすれば、より楽しい毎日になるかとは思います。

ロジャーを試してみたい方は、事前予約が必要ですので当店までお問い合わせください。

ロジャー セレクト は便利なマイクです。

2016年4月に施行された「障害者差別解消法」により、社会の様々な場所での「合理的配慮」が求められています。

ですので、教育機関や企業などにおいても、聴覚における合理的配慮が求められています。

そこで、職場での会議、打ち合わせ、研修などで、補聴器装用者に対する便利な機器はないものかお考えの方に朗報です。

フォナックのデジタルワイヤレス補聴援助システム「ロジャー(Roger)」でしたら、誰でも簡単に使えますし、聞きたい音をダイレクトに補聴器装用者に伝えてくれます。

今回は、ロジャーの送信機(マイクロホン)として好評の「ロジャー セレクト」をご紹介したいと思います。

まずは、ロジャー セレクトの形ですが、こんな形です。

胸元につけたり、テーブルマイクとして卓上に置いたりして使用します。

使用イメージは以下の動画をご参照下さい。

どのように使用するかはイメージできたと思います。

このロジャー セレクトの価格ですが128,000円(税抜)となります。

また、別途ロジャー受信機が必要です。

どのメーカーの補聴器にも対応するロジャー マイリンクは65,000円(税抜)、ロジャー エックスは92,000円(税抜)となります。

ロジャーの見積もりにつきましては、当店までお問い合わせください。遠方への発送も可能です。

お問い合わせ